iPhone12
EveryThingApplePro/Max Weinbach

アップルは先週、今年のフラッグシップiPhone 12(仮)シリーズの発売が遅れると正式に認めました。例年の9月下旬よりも「数週間後」ということで、早くとも10月上旬のリリースが示唆されています。

そんななか、iPhone 12複数モデルが2段階の発売となり、まず画面サイズ6.1インチが2モデル、次に5.4インチと6.7インチが登場するとのサプライチェーン情報が伝えられています。

複数のアナリストや各種メディアの報道を総合すれば、iPhone 12は5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3種類で全モデルが有機ELディスプレイかつ5Gに対応。背面カメラが2つのエントリーモデルは5.4インチおよび6.1インチ、トリプルカメラの高価なProモデルは6.1インチおよび6.7インチの2モデルという構成が定説となっています。

さて今回の情報源は、台湾の電子部品業界情報に詳しい現地メディアDigiTimesです。これまでアップル社内で開発が遅れているとの噂や、ブロードコム(iPhoneにWi-Fiチップなどを供給)クアルコム(モデムチップを供給)といった主要サプライヤーから発売の遅れを示唆する発言はありましたが、サプライチェーン筋から「段階的な発売」の情報が届けられたのは初めてのことです。

またDigiTimesの情報源は先に発売される6.1インチ2モデル用のサブストレートプリント配線板(SLP)は最近出荷が始まり、後者は8月下旬となること。そして新型iPhone用のフレキシブル基板の出荷は通常より約2~4週間遅くピークに達すると述べており、アップルが公式にいう「数週間」の遅れを裏付けています。

iPhone 12シリーズは、新型コロナ禍の影響によりサプライチェーンの混乱や在宅勤務による開発の遅れから一部モデルの発売が2021年にずれ込むとの懸念もありましたが、どうにか回避できるもようです。昨年のiPhone 11シリーズは新要素の追加が控えめでしたが、今年は5G対応のほか高度なAR機能も予想されており、大いに期待したいところです。

Source:DigiTimes

Via:MacRumors