MagSafe
iFixit

アップルがiPhone 12を磁石で充電器に固定しやすくするMagSafeを発表した際に、心臓ペースメーカーなどの医療機器にどのように影響するかを問う声もありました。これに対するアップルの回答は、「以前の機種よりも磁気干渉リスクが高くなることは予想されていない」というものでした。

そして新たに、iPhone 12が近くにあることでペースメーカーが止まった事例があったとの医学的研究が発表されたと報じられています。

アップルはiPhoneがペースメーカーなど医療機器に干渉するリスクがないと述べたことはありません。公式文書「iPhoneの安全に関する重要な情報」でも、iPhone一般が「電磁波を生させる磁石などの部品および無線送信機が含まれています。こうした磁石や電磁場はペースメーカーや除細動器などの医療機器と電波干渉を起こすことがあります」と説明していました。

ただしiPhone 12シリーズは修理業者iFixitが分解したところ大量の磁石が埋め込まれていると判明しており、アップルも「iPhone 12の全モデルには以前のiPhoneモデルより多くの磁石が含まれている」と認めつつも、磁気干渉リスクは高くなっていないと回答。つまりリスクはあるが、過去モデルと同等であるとの認識を示していました。

そんななか、米国不整脈学会(HRS)の公式機関誌Heart Rhythm Journalに、近くにiPhone 12を置いたことでメドトロニック(ペースメーカーの有名企業)製ICD(植込み型除細動器)の機能が無効になることが実証されたと報告されたとのこと。他のiPhoneやスマートフォンと厳密に比較検証されたわけではなく、iPhone 12とMagSafeが干渉増加のリスクを高めたとする具体的な証拠はないようですが、引き続き調査が進められる可能性もありそうです。

しかし一方で医療ニュースメディアMedicalXpressは、MagSafeは基本的に無害な技術であり、小さな磁石は人工内耳の固定やリストバンドの結束などにも幅広く使われていることを指摘。そしてメドトロニックのような大手医療機器メーカーこそが、諸々の消費者向けデバイスと干渉しないように工夫をすべきだと提言しています。

今回の報告も、あくまで「iPhoneのうち1モデルがペースメーカーと干渉した」事例にすぎず、iPhone 12がiPhone 11以前のモデルよりリスクが増したと証明されたわけではありません。逆にいえばiPhone 12のリスクが増していないと証拠もないため、今後の研究を冷静に待ちたいところです。

ともあれ当面は、iPhoneやその他の電子機器をペースメーカーなど医療機器から遠ざけるのが最善といえるでしょう。公的機関も磁石がペースメーカーに「影響する可能性がある」と指摘しており、電気自動車の充電器にも近づかないように呼びかけられています

Source:MacMagazine

Via:9to5Mac