iPhone 12(仮)シリーズの価格がリーク、6万円台から展開

6.1インチのiPhone 12(仮)は50ドル値上げ

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年10月5日, 午後 03:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
iPhone12
9to5Mac

次期フラッグシップiPhone 12(仮)シリーズは全4モデル構成と見られていますが、どのモデルがおいくらなのか。それぞれの価格情報の噂が伝えられています。

有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)のApple RUMORs氏は、iPhone 12シリーズの価格を画面サイズとストレージ容量ごとに詳細にツイートしています。同氏は未発表製品の予想につき数々の実績があり、先日もApple Watch SEがS5チップ搭載などを的中させていました

さてApple RUMORs氏による価格情報のリークは、次の通りです。モデル名はすべて仮称で、日本円表記は記事執筆時点のレートを元にしたものです。

iPhone 12 mini(5.4インチ)

  • 64GB 649ドル(約6万8000円)

  • 128GB 699ドル(約7万3000円)

  • 256GB 799ドル(約8万4000円)

iPhone 12(6.1インチ)

  • 64GB 749ドル(約7万9000円)

  • 128GB 799ドル(約8万4000円)

  • 256GB 899ドル(約9万4000円)

iPhone 12 Pro (6.1インチ)

  • 128GB 999ドル(約10万5000円)

  • 256GB 1099ドル(約11万5000円)

  • 512GB 1299ドル(約13万7000円)

iPhone 12 Pro Max (6.7インチ)

  • 128GB 1099ドル(約11万5000円)

  • 256GB 1199ドル(約12万6000円)

  • 512GB 1399ドル(約14万7000円)

もしも情報が正しければ、最小サイズのiPhone 12 miniがiPhone 11の当初価格699ドル~よりも50ドル安く、iPhone 12(画面サイズがiPhone 11と同じ)は50ドルの値上げ。これは中国証券会社アナリストの予想とも一致していますが、前年より安い価格帯であるminiラインアップを用意することで「値下げ」の印象を与える狙いがあるのかもしれません。

iPhone 12シリーズ発表イベントは10月13日開催が有力視される一方で、予約開始および発売は2モデルずつに2段階に分けられるとの見方がもっぱらです。論者により「まずエントリーモデル2つ、後日Proモデル2つ」と「エントリーモデル+Proモデルの組み合わせ(まず6.1インチ×2モデル)」との2つに分かれていますが、まもなく真実が明らかになりそうです。

Source:Apple RUMORs(Twitter)

Via:BGR

 

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, applerumor, iphone12, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents