iPhone 12 mini

2020年モデルで最も小型のiPhone 12 miniは売上げ不振との噂がたびたび報じられていましたが、すでに生産が終了したとの観測が伝えられています。

台湾の調査会社TrendForceによると、iPhone 12 miniは2021年の第2四半期中に「前倒しでEnd-of-Life(製品寿命の終わり)に達した」としており、アップルがこれ以上の生産はせずに既存の在庫を売り切ることに注力すると示唆している模様です。

2020年10月に発売されたiPhone 12 miniは、手のひらサイズに5.4インチ画面を搭載し、特に日本の小型スマートフォン愛好者に歓迎された印象があります。が、有名アナリストMing-Chi Kuo氏は発売前から「iPhone 12 miniは最も安いが画面が小さすぎて大衆市場にアピールしにくい」と予想していました。

Kuo氏の言葉を裏付けるように、米調査会社CIRPは2020年10月~11月(発売直後)にiPhone総生産台数のうちminiは約6%しか売れなかったとの推計を発表。さらに大手金融機関JPモルガンは、iPhone 12 miniの需要が弱いため2021年第2四半期までに生産を停止する可能性を指摘していましたが、これらの分析は正しかったのかもしれません。

今年(2021年)も引き続き5.4インチサイズのiPhone 13 mini(仮)は出ると噂されつつ、2022年には同サイズは出ないとの予想が有力となっています。その代わりに、6.1インチ画面で安価なiPhone SE Plus(仮)が投入されることもあり得そうです。

Source:TrendForce

via:MacRumors