全機種5Gの「iPhone 12」、日本版はミリ波非対応

当面は困るシチュエーション無しか

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
0シェア
FacebookTwitter

アップルが「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」を発表しました。全機種5Gに対応し、米国向けモデル「ミリ波」と呼ばれる高度な5Gにも対応します。ただし、米国向け以外の日本向けモデルなどはミリ波に対応しません。

『ミリ波とは何か』から説明すると、5Gで利用する周波数は「Sub6」と「ミリ波」の2種類に大別できます。「Sub6」はそこそこの通信速度(といっても4Gより高速)で広いエリアをカバーするのに適しており、「ミリ波」はスポット的に超高速通信を展開するのに適しています。下段でより具体的に説明します。

<Sub6>

6GHz未満の比較的低い周波数を指します。実質的に4Gで使っている周波数の延長として利用でき、エリアを広くカバーするのに適しています。国内では「4.5GHz帯」と「3.7GHz帯」を利用でき、ドコモとKDDIがそれぞれ200MHz幅、ソフトバンクと楽天はそれぞれ100MHz幅が割り当てられています。

<ミリ波>

30GHz〜300GHz帯の高い周波数を指します。ただ、厳密な区分けではなく、日本で5Gに使われる28GHz帯もミリ波と呼びます。

特徴は、前述の「Sub 6」に比べて周波数が高いことです。電波は周波数が高いほど直進しやすく、障害物の影に回り込む性質が弱くなります。また、大気中の水蒸気や降雨で減衰しやすく、広いエリアをカバーする用途には向きません。

一方で、広大な帯域幅を確保できるメリットがあり、日本では4キャリア(NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク・楽天)にそれぞれ400MHz幅ずつ割り当てられています。帯域幅は広いほど通信容量を確保できるため、都心部など、混雑エリアをスポット的にカバーする用途に向きます。

非対応でも困るシチュエーションは皆無か

なお、現時点で日本の5Gエリアはほとんどが「Sub6」となっており、「ミリ波」に非対応でも困るシチュエーションは皆無です。とはいえ、iPhoneの買い替えサイクルが長期化していることを踏まえると、いずれ広がるであろうミリ波のエリアを利用できないのは、やや残念な要素とも言えます。

(追記)ミリ波に対応する米国版と、日本版を含むそれ以外のモデルで外観が異なっています。ミリ波アンテナの設計に起因する違いと思われます。

engadget
Engadget Japan

関連
さらば画面割れ? iPhone 12の4機種はセラミックシールドで画面落下耐性4倍
速報:iPhone 12 Pro/Pro Max発表
・速報:Apple iPhone 12発表


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iPhone 12 Mini, 5g, iphone12, iphone 12, iPhone 12 Pro Max, AppleEvent202010, iPhone 12 Pro, iPhone 12 2020, iphone12promax, iphone12pro, iphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter