驚きのiPhone 12全機種ミリ波対応、「ただし米国のみ」の謎を読み解く(石野純也)

石野純也 (Junya Ishino)
石野純也 (Junya Ishino)
2020年10月14日, 午後 07:10 in 5G
0シェア
FacebookTwitter

例年より約1カ月遅かったこともあって、首を長くして待っていたiPhone 12シリーズがついに発表されました。端末の詳細はすでにタップリ記事が掲載されているため、そちらをお読みいただきたいのですが、ここでは、筆者の視点からiPhone 12のインパクトを読み解いていこうと思います。

前リークはもはや風物詩と言えるアップルの新製品発表ですが、5G対応がどうなるのかについては、確定情報が少なく、ハズレも多かった印象があります。ふたを開けてみたところ、iPhone 12 miniを含む全機種が5Gに対応。しかも、4機種とも、4Gに周波数の近いSub-6だけでなく、周波数の非常に高いミリ波までサポートしていました。ただし、ミリ波はアメリカ版だけというオチもついていましたが……。

iPhone 12シリーズは、全機種5G対応が大きなトピックだった

コンパクトなiPhone 12 miniまでミリ波に対応するという

おさらいしておくと、ミリ波とは30GHz以上で波長が10mm以下になる周波数のこと。厳密に言えば、30GHz帯以上ですが、5Gではザックリその近辺を指してミリ波と呼ばれています。日本では、現状、28GHz帯の周波数がドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社に割り当てられています。

電波は周波数が高くなればなるほど特性が光に近づくため、ミリ波は遮蔽物などに弱いのが特徴。実際、MWCなどのイベントで通信実験のデモをしている際に、端末と基地局アンテナの間に手を入れてみたこともありますが、速度がみるみるうちに低下してしまいました。800MHz帯や900MHz帯がエリア構築のしやすさから「プラチナバンド」と呼ばれることがありますが、その対極にあるのがミリ波と言えるでしょう。

では、なぜこんな周波数帯をわざわざ使うのかというと、帯域幅を広く取れるから。イコール、通信速度が一気に高まります。iPhone 12シリーズでも、イベントに登壇した米キャリア・VerizonのCEOが、「4Gbps」というダウンリンクのスピードを大々的にアピールしていました。日本でも、ドコモの場合、ミリ波を利用すると下り最大4.1Gbpsと超高速ですが、Sub-6のみだと3.4Gbpsと理論値が低下します。

国内4社に割り当てられている周波数も400MHz幅と大きい 出展:総務省

Sub-6のみでも十分高速ではあるものの、スタジアムのように人が密集する場所で、かつ基地局からの見通しがよければ、ミリ波の出番になります。5Gスマホのユースケースの1つとして、現地でスポーツ観戦をしながら、マルチアングルの映像で補完するというようなサービスを目にする機会は多いと思いますが、ああいった場で活躍するのがミリ波というわけです。アップルの発表会でもVerizonのCEOがマルチアングルの映像をプッシュしていましたね(笑)。

ミリ波は、帯域幅が求められるシーンに向いた周波数だ

ただし、先ほど述べたように電波がなかなか飛ばないため、端末側の受信感度も、相当よくしておかなければなりません。スマホのような小型な機器でミリ波を使うのは、非現実的なのでは……と言われていたこともあります。実際、アップルに5Gモデム等を提供するクアルコムのイベントでも、アンテナ実装の難度の高さや、それを解決する同社のソリューションがたびたび紹介されていました。

上がアンテナで下が端末。間に手を入れただけで、速度が一気に低下した(あと、手を入れるなと怒られてしまった)。写真は18年のMWC

iPhone 12シリーズが、米国のみミリ波に対応している理由も、おそらくここにあります。よくよく見ると米国版のみ、本体右下に樹脂のようなボタン大のパーツが取り付けられています。ARのオブジェクトとして新iPhoneを見る機能がWebで公開されていますが、日本のiPhone 12シリーズにはこれがありません。一見すると指紋センサーのようにも思えますが、そんな機能は搭載されていません。日米の機能差やミリ波の特性をふまえると、これはアンテナの可能性が濃厚です。

米国版(写真=右)には、日本版にはない謎のパーツが。おそらくこれはミリ波用アンテナだと思われる

ただ、ミリ波対応のためとはいえ、フレームの一体感は損なわれてしまいます。色はそろえてありますが、金属とは素材感が違うため、ARのオブジェクトでも隠しきれていません。デザインに対するこだわりの強いアップルにとっては、苦渋の選択だったのではないでしょうか。とは言え、米国の一部キャリアは各メーカーにミリ波対応を求めているようです。そのため、米国版だけをミリ波に対応しつつ、(泣く泣く)アンテナ設計を別にしたのではと推測しています。

5Gの解説をした映像でも、フレームの設計が異なることが分かる

スペック的に見ると「米国版がウラヤマシイ」と思われがちですが、個人的には、あの美しい光沢感が売りのステンレススチール(iPhone 12 Pro、Pro Maxの場合)に、異物のようなパーツが増えてしまうのは納得がいかないところ。日本では、現状、5Gのエリアがかなり限定的なうえに、ミリ波をつかめる場所となると数えるほどしかないため、今回は対応を見送ってむしろよかったと考えています。

ミリ波非対応だが、5Gの対応バンドはスマホ最多。海外で使えそうなのもうれしい

Sub-6のみですが、iPhone 12 miniに関しては価格がiPhone 11と同じで、大きな値上げはありませんでした。しかも、チップセットはいずれのモデルも「A14 Bionic」。処理能力の高さやディスプレイ性能、5Gへの対応などを考えると、お得感もあるように見えてきます。価格帯的には、ミドルハイのAndroidにちょっと足せば手が届くだけに、アップルの本気度が伝わってきました。エリアの拡大に合わせ、5Gのキラー端末になりそうな予感がしています。

関連
5分でわかる「iPhone 12」まとめ。mini、Pro、Max、無印の4モデルが登場、全機種5G対応


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 5G, iphone12, AppleEvent202010, apple, iphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter