iPhone 12(仮)発表イベントは10月13日に? 23日発売の噂

3つの情報源によるウワサです

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年09月24日, 午後 12:05 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
iPhone12

いよいよ正式発表のカウントダウンに入った、iPhoneの2020年版フラッグシップiPhone 12(仮)シリーズ。

その発表イベントが「あと数日に迫っている」との英大手キャリアCEOの発言が報じられた矢先ですが、「発表イベントは10月13日(米現地時間)」との噂が複数の情報筋から伝えられています。

米MacRumorsが「英国の携帯キャリア会社の従業員」から知らされたという話によると、「iPhone中心のイベント」はおそらく10月13日(火)」に開催される可能性があるとのことです。

記事執筆時点では同ソースの信頼性には確信が持てていませんが、この日にちは過去のアップルの新製品発表タイムラインや、同社が火曜日の発表を好みやすい傾向、および月の第2週にイベントを開催してきたことが多いというこれまでの経緯からすれば、十分あり得る推測です。

さらに情報源の従業員は、アップルがイベントの直後に予約受付を開始し、16日に新iPhoneを発売すると述べているそうです。が、イベントと発売日の間にあまりに時間がないため、MacRumorsはソースが予約受付と発売日を取り違えている可能性が非常に高いとして、予約受付スタートが16日であり、23日に正式販売開始と見ています。これは単なる推測ではなく、同メディアはこのスケジュールに関して他の情報源からの示唆も受けているとのことです。

10月13日の日付は、やはりアップル関連情報サイトのAppleInsiderも「オランダの携帯キャリアで働いていると自称する人」からの情報として伝えています。日付そのものに裏付けはないものの、メッセージのIPアドレスはキャリア社内には違いないと述べています。

また有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)のJon Prosser氏も「13日に発表イベント、16日に予約受付、23日に発売」説を支持しています。

もし仮に10月13日にイベントがあり、何らかのモデルが23日に発売されるとしても、iPhone 12シリーズの全モデルが同時に発売される可能性は低いはず。記事執筆時点では「2モデルずつ、2段階に分けて発売」説が有力となっています。

しかし現状でも、その順番などは2つの見方に分かれています。

1つはまず5.4インチと6.1インチのエントリーモデルが10月に発売され、ついで高価なProモデル(6.1インチと6.7インチ)が後日発売になるというもの。それに対する説は、6.1インチ2つが先行発売され、最小サイズと最大サイズの5.4および6.7インチは後日になるとのサプライチェーン情報です。

こうした点から、詳細はいまだに混沌としている状態です。

ともあれ、本当に10月13日にiPhone発表イベントがあるのなら、先日の第4世代iPad AirとApple Watch Series 6発表イベントと同じく、1週間前となる10月6日ごろにはアップル公式の予告があるはず。その日に何かが起こるのか、期待を膨らませて待ちたいところです。

Source:MacRumors,AppleInsider


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, applerumor, iphone12, iphone, 5G, iphone 5g, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents