reversecharge
Apple

先日のiPhone 12発表イベントでは、磁力で位置合わせするワイヤレス充電方式MagSafeも合わせて発表されました。その場では公式に言及はありませんでしたが、実はiPhone 12シリーズには将来的には他のアクセサリーも充電できる、いわゆる双方向ワイヤレス充電機能が備わっている可能性が浮上しました。

海外テック系メディアVentureBeatの記者であるJeremy Horwitz氏は、アップルがMagSafeに関してFCC(米連邦通信委員会)に提出した書類内に「2020年iPhoneには将来のアップル製アクセサリーを含む外部機器を360HzでWPT(ワイヤレス給電)できる機能がサポートされている」との記述を見つけたと報告しています。

これに対してBloombergの名物記者Mark Gurmna氏は「iPhone 12には隠された双方向充電機能があるのかもしれない。たぶん新型AirPodsをMagSafe充電できるのでは?」とツイート。先日、自らが執筆した新型AirPods関連記事にも言及して、関連性をほのめかしています。

母艦となるスマートフォンからワイヤレスイヤホンの充電ケース等に給電できる本機能は、ファーウェイやサムスンといった競合他社製品では実現済み。昨年のiPhone 11シリーズでも搭載が有力視されていましたが、結局は「充電効率がアップルの要求水準を満たしていない可能性」があるとしてキャンセルされたと見られています。

おりしもアップルがiPhone 12シリーズを境に(iPhone XRやiPhone 11の新パッケージでも)イヤホン同梱を廃止したことで、AirPodsの販売が加速しているとの噂が伝えられたばかりです。もしもAirPodsの充電ケースにiPhone 12シリーズから給電できるなら、セット販売もしやすいはず。

しかし、現行のAirPodsやAirPods Pro用ワイヤレス充電対応ケースに給電できるのであれば、アップルが公式に発表しない理由はないとも思われます。MagSafe関連の書類内で言及された文脈を考えれば「将来的にMagSafe対応のAirPods充電ケースがお披露目されるとき、同時に発表」という形になり、iPhone 12の背中に磁力でケースを貼り付けて登場するのかもしれません。

Source:Jeremy Horwitz(Twitter)