engadget
Engadget Japan

iPhone 12 / 12 Proがついに発売されました。iPhoneは3年前の「iPhone X」からホームボタンが廃止され、電源の切り方(シャットダウン手順)も大きく変わっていますが、近年のスマホ買い替えサイクルの長期化に伴い、最新iPhoneの電源の切り方がわからないというユーザーもいらっしゃるのではないでしょうか。

iPhone 8以前は、右側のサイドボタン(従来のスリープ/電源ボタン)を長押しすれば、電源を切ることができました。一方のiPhone 12 / 12 Proはその動作に「Siriの起動」が割り当てられています。

iPhone 12 / 12 Proでは、「サイドボタン」と「音量ボタン」の同時長押しで、本体の電源を切ることができます。音量ボタンは上げ / 下げどちらでも問題ありません。

▲左側面の音量上げ/下げボタンのいずれかと

▲右側面のサイドボタンの同時押しで電源を切れる

一方、強制再起動の方法はiPhone 8までと同じです。まず「音量上げ」ボタンを押して、すぐに離します。次に「音量下げ」ボタンを押して、すぐに離します。最後に、Apple ロゴが表示されるまで右側のサイドボタンを長押しすれば、強制的に再起動されます。

iPhoneがフリーズして一切の操作を受け付けないときは、強制再起動を試してみると良いでしょう。

関連
iPhone 12|12 Pro & 第4世代iPad Air実機先行レビューまとめ