iPhone 12(仮)イベントではワイヤレス充電器「MagSafe」も発表のうわさ

MagSafeの逆襲か帰還か

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年10月12日, 午後 12:00 in apple
0シェア
FacebookTwitter
MagSafe
Shutterstock / PopTika

アップルは14日午前2時(日本時間)からのスペシャルイベントでiPhone 12(仮)シリーズを発表すると見られていますが、その場で2つのワイヤレス充電器が「MagSafe」ブランドで登場するとの噂が報じられています。

このウワサの発信源は、先日iPhone 12全モデルの詳細情報を伝えたKang氏のWeiboへの投稿です。同氏はアップル未発表製品につき97.8%の的中率を誇っているといわれ、実際に第4世代iPad Airの機能や価格などを正確に予測したばかりです。

Kang氏いわく、新たなワイヤレス充電器の名前は「MagSafe」に戻るとのこと。MagSafeとは以前のMacBookシリーズに採用されていたACアダプタとの接続コネクタであり、磁力によって固定されているため、外力が加わるとすぐに外れて断線を防ぐしくみ。ユーザーには好評でしたが、2015年の12インチMacBookでThunderbolt3が採用されて以来しだいに姿を消していきました。

そのMagSafeブランドで、マグネット式iPhoneケースと2つの充電器、すなわち「MagSafeチャージャー」および「MagSafe Duoチャージャー」が発表されるとKang氏は主張しています。

iPhone 12シリーズがワイヤレス充電器に磁石で固定する可能性は、8月にも「内部シャーシにリング状に並んだ磁石がある」写真から推測されていました。写真を投稿したEveryThingApplePro氏は合わせて磁石が埋め込まれたケース写真も公開しており、ワイヤレス充電器とセットで発売されることを示唆しています。

記事執筆時点では、アップル純正のワイヤレス充電器は今なお発売されていません。初製品となるはずのAirPowerは2017年のiPhoneイベントで予告されながらも発売中止となりましたが、その後に開発プロジェクトが再始動したとの噂もあり。そしてネックとなった加熱問題をクリアした試作品が準備中とする写真が公開されたこともあります。

iPhoneのワイヤレス充電といえば、iPhone 11シリーズでAirPods充電ケースなどに給電できる「双方向充電」が噂されたこともあります。そちらは最終的にはキャンセルされたと見られていますが、iPhone 12シリーズで復活があるのか見守りたいところです。

Source:Weibo

Via:MacRumors

 

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, applerumor, iphone12, AirPower, wirelesscharging, magsafe, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents