Battery

iPhone 12シリーズと同時に発表された、磁石で位置合わせするMagSafe充電器。最大15WでiPhone 12各機種をワイヤレス充電できると謳われていましたが、iPhone 12 miniでは最大12Wに制限されることが明らかとなりました。

アップルが新たに公開した公式サポート文書によれば、他のiPhone 12シリーズは最大15Wで充電できるなか、iPhone 12 miinの場合は「最大12Wのピーク電力供給」になるとのことです。

さらにiPhone 12 miniにて最大12Wを達成するには、9V / 2.03A以上のUSB-C電源アダプタが必須となります。ただし供給される電力は温度やシステムの稼働状況など様々な要因によってつど変化するとされており、あくまで「最大」ということです。

そして他のiPhone 12シリーズでは、最大15Wは9V /2.22Aまたは9V / 2.56A以上のUSB-C電源アダプタがあれば可能となります。様々なコンディションによりピーク電力供給が変動するのも上記と同じです。

ちなみにMagSafe充電については複数の検証結果が報告されており、最大15W充電のためにはアップル純正の20W USB-C電源アダプタが必須という結論におおむね落ち着いています。18Wアダプタ(iPhone 11 Proシリーズに付属)では約13Wに低下し、MacBook Pro用の純正96W USB-Cアダプタや他社の高出力アダプタでも10Wが限界と伝えられています。

さてiPhone 12シリーズ一般+MagSafe充電に話を戻すと、ヘッドフォンなど Lightning対応アクセサリ(以前のiPhoneに同梱されていたEarPods等)が接続されている場合、規制基準に準拠するために充電は7.5Wに制限されるとのことです。またLightningポートで電源にも接続している場合、iPhoneはMagSafeでは充電されず、Lightningコネクタ経由で充電されることになります。

いろいろと制限はあるものの、前世代のiPhone 11シリーズまでの最大7.5Wから大幅に高速になったことも事実です。またiPhone 12 miniは他の機種よりもバッテリー容量が少なめになっている(iPhone 12/12 Proの2815mAhに対して2227mAh)ため、最大12Wでも実用上の問題はなさそうです。

Source:Apple(1),(2)