iPhone12pro
Apple

まだ発売前のiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxですが、おなじみGeekbench Browserにベンチマーク結果と称する数値が投稿され始めており、昨年モデルiPhone 11 Proシリーズよりも約20~25%は高速化している可能性が浮上しています。

iPhone 12 Pro(識別子iPhone 13,3)でのベンチマーク結果の1つはシングルコアスコアが1597でマルチコアスコアが4152。これはiPhone 11 Proの平均シングルスコア1327、マルチコアスコア3289を約26%上回るものです。同じくiPhone 12 Pro Max(識別子iPhone 13,4)もiPhone 11 Pro Maxより約20~25%速いもようですが、記事執筆時点では2つしか投稿がありません。

こうしたベンチマーク結果は、予想通り同じくA14 Bionicを搭載した第4世代iPad Airとほぼ一致しています。たとえば1つの結果では、iPad Air 4(識別子iPad13,2)のシングルコアスコアとマルチコアスコアはそれぞれ1583と4198でした

もっともiPhone 12 Proについては、ベンチマークの内いくつかはマルチコアスコアが大幅に低くなっています(先日もiPhone 11 Proより低下している結果あり)。これにつきGeekbenchの創設者John Poole氏は米MacRumorsに「箱から出した新品のiPhone」ではよくあることで、デバイスが何らかの要因を修復中である(バックアップ復元直後は、一般的に動作が遅くなる)可能性が伝えられているとのことです。

iPhone 12シリーズ全てに搭載されたA14 Bionicは、アップル史上初の5nmプロセスのためCPUコアやGPUコアが増強されているほか、機械学習を担当するニューラルエンジンの演算能力も前A13の倍近くとなり、撮影品質やAR体験の向上が期待されています。まず6.1インチのiPhone 12とiPhone 12 Proの予約開始は本日(10月16日)午後9時からということで、いち早く最新鋭の性能に触れたい人は忘れずに待機しておきたいところです。

Source:MacRumors