本日(10月23日)に発売された「iPhone 12 Pro」の実機を先代「iPhone 11 Pro」と比較してみました。

実機を見てまず驚くのは、箱が薄くなっていること。

今回より同梱物はUSB-C to Lightningケーブルのみとなり、充電アダプタとイヤホンは同梱されなくなりました。(併売されるiPhone 11とSEも同様です)アップルによると、これはカーボンニュートラルな社会を目指すための取り組みとしています。

早速実機を比較してみました。上記画像は左から「iPhone 11 Pro」「iPhone 12 Pro」です。「iPhone 12 Pro」のほうが筐体がやや大きくなっています。

スペック表を見ても、「iPhone 12 Pro」は「iPhone 11 Pro」の5.8インチから6.1インチへ大型化。筐体も147 x 71.5 x 7.4mm・重さは187gと、縦が3.9mm・幅が0.1mm大型化しています。一方で厚みは0.7mm減り、重量は7g軽くなっています。

外観のその他の違いとしては、画面の縁が「iPhone 11 Pro」に比べて狭くなっているほか、ディスプレイには「セラミックシールド」と呼ばれる特殊な処理が施され、耐落下性能が4倍向上しています。

こちらは背面です。「iPhone 12 Pro」では「iPhone 11 Pro」が初搭載した磨りガラス背面を継承しています。サイズ以外の違いはあまり感じません。

大きく異なるのは側面です。「iPhone 12 Pro」は「iPhone 4 / 5」のようなフラットな側面に回帰しています。とはいえ、iPhone 4や5に比べると細部が異なっており、ガラスが盛り上がっている部分のない、よりフラットな側面となっており、ステンレススチールのツヤと合わせて、クールな印象を与えてくれます。

側面がフラットになったことで、持ち心地は大きく変わりました。手のひらに角が当たる感覚は、iPhone 4 / 5を彷彿とさせます。

カメラまわりの比較です。左から「iPhone 11 Pro」「iPhone 12 Pro」となります。iPhone 11 ProではLiDARセンサーが搭載されており、夜間にも背景をぼかしたポートレート写真が撮影できます。このLiDARはAR機能などにも活用されます。

アンテナピクトに「5G」表示。5Gに対応するのはiPhone 12シリーズの大きな特徴です。

別売りのワイヤレス充電器「Magsafe」を試してみました。磁力は思ったよりも強力で、近づけるとパチンと音がして勢い良くくっつきます。鞄の中に入れても容易に外れなそうです。ただ「Magsafe」とは言うものの、仮にケーブルに足を引っ掛けてしまったらiPhoneが机から落ちてしまうので、MacBookの旧Magsafeのような安心感はありません。

まとめると、実機は写真以上に「iPhone 11 Pro」と異なっていました。その大きな理由は側面で、フラットになったことで、見た目と持ち心地において『これまでのiPhoneとぜんぜん違う』感を出しています。ディスプレイも大きくなっており、動画やゲームをより楽しめそうです。皆さんもぜひ実機を手にとって確認してみてください。


関連記事:

iPhone 12|12 Pro & 第4世代iPad Air実機先行レビューまとめ