Engadget
Engadget Japan

今年の新型フラグシップiPhone 12シリーズのうち、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは「LiDARスキャナ」を搭載しています。この機能を活用して「計測」アプリで人の身長が測定できます。

LiDAR
Apple

LiDARスキャナは赤外線を用いてカメラが捉えた範囲の奥行き、すなわち三次元形状を高精度で把握できるもの。アップル公式には現実と仮想を重ねるARアプリが高速かつ高精度に、従来のカメラでは難しかった暗い場所でのオートフォーカスが6倍速くなり、暗所撮影でも背景をきれいにボケさせるポートレートが使えるなどのメリットが謳われていました

さてアップル公式サポート文書によると、椅子に座っている人の身長さえ測定できるとのこと。まず身長を測りたい相手にiPhoneを向けて頭から足先までが画面内に収まるように位置を合わせます。しばらくすると相手の頭部上にラインが表示され、そのすぐ下に身長の測定結果が表示されます。

measure

その状態でシャッターボタンをタップすると測定結果付きの写真を撮影でき、iPhone上の「写真」や「ファイル」アプリからいつでも身長計測のイメージが共有できるとのことです。

柱に傷を付けることがないのは寂しくもありますが、その時点での姿形ごと保存ということで、子供の成長アルバム用にiPhone 12 Proシリーズが欲しくなるかもしれません。

Source:Apple