engadget

本日(9月17日)21時より予約受付が開始されるiPhone 13シリーズ。4キャリアが用意する端末購入補助プログラムをまとめてみました。

NTTドコモ

NTTドコモでは、iPhone 13の発売に合わせて「いつでもカエドキプログラム」を導入します。

「いつでもカエドキプログラム」は、24回払いを条件に、購入機種の2年後の買取価格を残価(=最終支払い分)として設定。本体価格から残価分を除くことで、23回の支払いまでを低廉な分割料金とします。23か月目に対象機種を返却した場合、24回目に設定された残価額の支払いが不要となります。

また、23か月目を待たずに、1か月目から〜22か月目までに対象機種を返却した場合、早期利用特典を用意します。返却の翌月から22か月目までの分割支払金について、ドコモが予め定めた額を毎月割引します。また、MNPの場合は5G WELLCOME割として2万2000円を割り引く特典も用意します。

ドコモ、高価なiPhone 13などを買いやすくする『いつでもカエドキプログラム』発表

KDDI

KDDIもiPhone 13の発売あわせで「スマホトクするプログラム」を導入します。

「スマホトクするプログラム」は、24回払いを条件に、購入機種の2年後の買取価格を残価(=最終支払い分)として設定。本体価格から残価分を除くことで、23回の支払いまでは低廉な割賦料金とします。

さらに、同プログラムで購入した機種代金の支払い方法をau PAYカードに設定することで、機種代金の支払い総額の5%相当をPontaポイントで還元する「スマホトクするボーナス」もあわせて提供します。

なお、MNPの場合は2万2000円の割引も提供します。

KDDI、高価なiPhone 13等を買いやすくする「スマホトクするプログラム」を発表

ソフトバンク

ソフトバンクでは「トクするサポート+」をiPhoneで利用できます。「トクするサポート+」では、端末代金を48か月分割とし、25か月目以降に指定された端末に機種変更のうえ、これまで使っていた端末を返却すると、以降の残債が免除となります。

ソフトバンク、新たな端末購入補助を3月開始 手数料を廃止

楽天モバイル

楽天モバイルでは「iPhoneアップグレードプログラム」を利用できます。

同プログラムでは、本体代金を楽天カードによる48か月分割で支払い、25か月目以降に製品を楽天モバイルへ返却することで、以降の残債の支払いを免除します。なお、返却時には3000円の事務手数料がかかります。また、MNPで楽天ポイントを2万円ぶん還元するキャンペーンも用意しています。

iPhone「半額」プログラム、楽天モバイルが開始 回線契約なくてもOK

関連
5分でわかるiPhone 13シリーズまとめ。iPad mini(第6世代)やApple Watch Series 7も発表