iPhone
Apple

2021年のiPhone 13(仮)シリーズに120Hz対応ディスプレイが搭載されるとの噂は相次いでいますが、その信ぴょう性を補強する新たなサプライチェーン情報が届けられています。

台湾のサプライチェーン事情に詳しいDigiTimesによると、アップルはiPhone 13にLTPO(低温多結晶酸化物)技術を採用する予定とのことです。同様の噂話は韓国メディアThe Elecが、市場調査会社UBIリサーチの報告として伝えていました。

LTPOとはディスプレイのバックプレーン技術、つまり液晶や有機ELを制御する回路基板の技術です。これは従来のLTPS(低温ポリシリコン)技術よりも電力消費が少なく、iPhoneの画面リフレッシュレートを60Hzから120hzに上げるに伴う消費電力の増加を補うためにも必要と推測されてきました。ちなみにLTPOはApple Watchにも採用されており、Series 5以降の常時表示を支えています。

これまでのiPhoneは60Hz画面、すなわち画面を1秒間に60回書き換えてきました。それが120Hzになれば2倍となり、たとえばリストをスクロールしたり、ホーム画面をスワイプしてアプリを切り替えるときなど、レスポンスが向上することが予想されます。

すでにハイエンドのAndroid端末では120Hz対応も珍しくありませんが、高リフレッシュレートは消費電力の増加が伴いやすく、バッテリー持続時間に大きく影響します。そのため120Hzどころか240Hz書き換えに対応しながらも、デフォルトでは60Hzに固定されている製品もあるわけです。

近年のアップルはハイエンドiPhoneのバッテリー持ちを良くすることを重視していますが、DigiTimesによるとiPhone 13の消費電力はiPhone 12よりも約15%低くなるとのことです。節電効果はLTPO採用のおかげだと述べられていますが、おそらく次期SoCのA15(仮)は現行モデルのA14より省電力性能に優れているはずで、その恩恵もあるのかもしれません。

Source:DigiTImes

via:9to5Mac