LiDAR
Apple

2021年のフラッグシップiPhoneとなるであろう、iPhone 13(仮)シリーズ。その全モデルにて、iPhone 12 Proと同様のLiDARスキャナ(3Dセンサー)が搭載されるとのサプライチェーン情報が伝えられています。

台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesによれば、アップルはiPhone 12 Proシリーズが人気のため、iPhone 13シリーズ全てにToF(Time of Flight:光の飛行時間を利用して物体との距離を計測する)方式のLiDARスキャナを導入する予定とのことです。実際、これに先立ちiPhone 12 Proが売れすぎてLiDARスキャナ用チップが増産されるほどとの噂も報じられていました

またiPhone 13シリーズのモデル構成に関しては、2020年モデルと同じ画面サイズで、4モデル構成との観測がもっぱらです。今回の噂がもし本当だとすれば、ギッシリ詰まった5.4インチ版の筐体にどのようにLiDARスキャナを搭載するのか気になるところです。

さらにiPhone 13シリーズでは、前面のノッチ(画面上部の切り欠き。顔認証のFace IDや自撮りカメラ用のパーツが収納されている)が小さくなるかもしれないとのこと。具体的にはフロントレンズのVCSEL(垂直共振器面発光レーザー)チップを、2020年モデルの3つから2つに減らす可能性があると報じられています。

iPhone 12シリーズの発売前には「エントリーモデルとProの違いはカメラだけ」(だから高価なProは売れない)との声もありましたが、フタを開ければiPhone 12 Proは10月に世界で2番目に売れた5Gスマートフォンの座を占めていました

iPhone 12 Pro人気が高性能カメラを搭載した賜物とすれば、その恩恵が2021年には無印モデルにも及ぶとともに、ハイエンドのProモデルではさらなる進化(高倍率の光学ズームを実現するペリスコープカメラ搭載の噂もあります)も期待できるかもしれません。

Source:DigiTimes

Via:Techradar