今週15日午前2時〜に開催されるアップルのスペシャルイベント「最新作をカリフォルニアから」直前に、ほぼ発表確実と見られるiPhone 13(仮)とApple Watch Series 7(仮)につき詳細な予想が公開されています。

ウワサの発信源は、アップルの内部情報に詳しいBloombergのMark Gurman氏によるニュースレター「Power On」の最新号です。まず、iPhone 13に関する予想は次の通りです。

  •  (iPhone 12と)デザインは同じだが、ノッチ(画面上部の切り欠き)が狭くなっている

  • 背面カメラのハードウェア:Proモデルには3つのレンズ、通常モデルには2つのレンズが搭載される

  • カメラソフトウェアの新機能。ポートレートモード(背面ぼかし)のビデオ版、写真にさまざまなスタイルを適用する新しい「AI駆動のフィルターシステム」、ProモデルではProRes(プロ向け記録フォーマット)ビデオ撮影できるように

  • (iPhone 12シリーズ採用のSoCである)A14と同じコア数で、"少しだけ "高速化したA15プロセッサを搭載

  • 「iPhone 13 Pro」および「iPhone 13 Pro Max」に搭載されたLTPO(低温多結晶酸化物)ディスプレイは、リフレッシュレートが向上している

  • 緊急通信用の衛星機能

またApple Watch Series 7については、フラットエッジ(最近のiPad Proのように端が角張っている)になった新デザインに変更されること、そして「多くの新たな時計バンドと文字盤」の追加が強調されています。そして本体サイズは41mmと45mmの2種類あり(それぞれ先代モデルより1mm大きい)、より高速なS7(仮)プロセッサが搭載されるとのことです。

さらに今年のモデルでは新たな健康センサーや機能は期待できず、その代わり来年のApple Watch Series 8以降では体温や血圧、血糖値などの測定機能の追加が準備中であるという、以前からの予想が繰り返し述べられています。

今週のイベントでは、他にも第3世代AirPodsや新型iPad mini、第9世代iPadなどが発表される可能性もあると囁かれています。エンガジェット日本版でも例年通り、リアルタイム速報でお伝えする予定です。

  

Source:Bloomberg

via:9to5Mac