engadget

アップルのスペシャルイベントで発表されたiPhone 13シリーズの目玉機能が、まるで映画のような奥行き感のある動画を撮影できる「シネマティックモード」です。

同モードは、ソフトウェア処理によって映像にボケ感を付与する機能で、まるでプロ用のカメラで撮影したようなボケ感をiPhoneの撮影で実現します。

シネマティックモードの操作は非常にシンプルで、基本的にはAIが被写体にピントを合わせ続けます。ピントの変化は被写体が変わる際などに自動で行われます。

engadget
engadget
engadget

また、被写体が後ろを向くと、向いている方向に自動でピントを合わせます。

engadget

映画やドラマでよく見かける「ピント送り」も可能です。

engadget

自動でピントを変化させるために、Appleは映画撮影の技法を学習。映画監督が用いる『創造的なピント合わせの判断』もしっかりと取りこみ、これをアルゴリズムに落とし込むことで、スマホで手軽に映画レベルのピント合わせを実現したといいます。

もちろん、手動でピント合わせることも可能。被写体をタップするとピントが合い、再度タップするとその被写体にピントをロックします。

engadget

大型センサーを搭載するプロ用のカメラと異なり、センサーが小型なスマートフォンでは光学的なボケのある映像撮影は困難でした。Appleは今回、高性能なA15 Bionicプロセッサの搭載によって、ソフトウェア処理でシネマティックモードを実現し、スマホ動画のレベルを1段引き上げた格好です。

関連記事:

5分でわかるiPhone 13シリーズまとめ。iPad mini(第6世代)やApple Watch Series 7も発表

Apple (Amazonストアページ)