iPhone 13
Sonny Dickson

今年(2021年)秋に発売と予想されるiPhone 13(仮)シリーズ。この全4モデルにつき、ダミーモデルと称されるものやケースのレンダリング画像、そして動画が公開されています。


今回のウワサの発信源は、有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)のSonny Dickson氏です。

このうちダミーモデルは背面のみが写されており前面は確認できませんが、iPhone 12シリーズと同じく4モデルで、サイズは3種類(6.7インチ画面のProモデルが1つ、6.1インチの普及価格モデルとProモデルが2つ、普及価格モデルで5.4インチのminiが1つ)という構成になっている模様です。

またケースのレンダリング画像では、ノッチ(画面上部の切り欠き)の幅が小さくなっていることが確認できます。さらにレンダリングとダミーの両方で、6.1インチの標準モデルでの背面カメラ配置が、iPhone 11や12とは異なっていることが見て取れます。

さて、このようにダミーモデルとケースのレンダリング画像が一致していることは、特に信ぴょう性を高めるものではありません。というのも、どちらもたいていはサードパーティのアクセサリー企業が正式発表前に製品を作るために入手したCAD図面に基づいているためです。

これまでのリークでは、そのCAD図面が正確な場合もあれば、間違っている場合もあり……というのが正直なところ。いずれにせよ追加の情報を待ってから照らし合わせる必要がありそうです。


iPhone 13シリーズの予想は、9月と見られる正式発表前にかなり出尽くした印象があります。ひとつにはProモデル2つでは120HzのProMotion(可変リフレッシュレート)ディスプレイが搭載され、常時表示にも対応する可能性があること

また全モデルに、現行機種ではiPhone 12 Pro Maxのみに限定されたセンサーシフト式手ぶれ補正が搭載されるとの噂や、6.1インチのProモデルは6.7インチのPro Maxと同等になるなど、もっぱら「カメラ性能が向上する」との予測も有力です。


一説では製品名が「iPhone 12s」になる程度のマイナーチェンジに留まるとも言われますが、iPhoneのカメラを仕事などに多用している人は期待してよさそうです。


Source:Sonny Dickson(Twitter)

via:9to5Mac