iPhone 13 Dummy
MacRumors

今年のフラッグシップiPhone 13(仮)シリーズは9月発表と予想されていますが、それら全4機種のダミーモデルと称されるものが公開されています。

アップル関連情報サイトMacRumorsは、iPhone 13、iPhone 13 mini、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max(それぞれ画面サイズ6.1インチの標準モデル、5.4インチ、6.1インチProモデル、6.7インチProモデルの仮称)のダミーモデルを入手したとのことです。

こうしたモックアップはサードパーティのケースメーカーが自社製品を作るために用意するものだと考えられますが、アップルの製造パートナーから流出した寸法に基づいて作成されることが多いため、一般的にはかなりの正確さが期待できます。

今年は大きなデザイン変更はないと見られていますが、今回のダミーモデルも前年のiPhone 12シリーズ4機種と同じサイズであり、一部のモデルで厚さがわずかに違うだけと述べられています。

まず小さくなると噂のノッチ(画面上部の切り欠き)は、ダミーモデルでも顕著な変化が確認できます。これまでノッチ内にあったマイクが上部ベゼルに移されており、前面カメラ周辺の部品をスリム化するためと思われます。ただしダミーモデルはケースメーカー向けのため筐体の寸法はさておき、ノッチを含むディスプレイ周りは正確とは限りません。

その一方で、iPhone 13世代では背面カメラに注目すべき変更があると予想されています。それはProモデルだけに限らず、特に前年はiPhone 12 Pro Maxのみに搭載された「センサーシフト式手ぶれ補正」が全モデルに採用されると見られていますが、今回のダミーモデルでも背面カメラの強化を裏付ける手がかりが確認されています。

ひとつには、iPhone 13 Proのバンプ(複数のカメラレンズを収める一角)が、iPhone 12 Proよりもはるかに大きくなっていること。つまりiPhone 13 Pro Maxに近づいているわけですが、これはiPhone 13 Proの背面カメラがiPhone 13 Pro Maxと同等という噂とも符合しています。

iPhone 13 Dummy
MacRumors

iPhone 13シリーズがカメラの強化にともないバンプが大きくなるとの予測は、有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)DuanRui氏がTwitterに投稿した「iPhone 13 Pro Max用とされるケースをiPhone 12 Pro Maxに装着した」画像でも示唆されていました。

またMacRumorsは、iPhone 13 Pro MaxはiPhone 12 Pro Maxとほぼ同じように見えるものの、やはり背面カメラのバンプは少し大きいと報告しています。

さらにiPhone 13およびiPhone 13 miniでは、カメラモジュールの右上にフラッシュ、左下にマイクが配置され、広角レンズと超広角レンズが対角線上に配置されている(2020年モデルではタテ一列)模様です。これは上記の「センサーシフト方式手ぶれ補正」に対応するための変更かもしれません。

iPhone 13 Dummy
MacRumors

今年は見かけに大きな変化はない可能性は強まりましたが、iPhone 13世代では5G接続の改善、A14 Bionicよりも高速なA15(仮)の搭載、Proモデルは120Hz表示ディスプレイ採用などが噂されており、2022年のハイエンド機と呼ぶに相応しいスペックとなりそうです。

Source:MacRumors