iPhone 13
MacRumors

2021年のフラッグシップiPhone 13(仮)のノッチ(画面上部の切り欠き、カメラやセンサーが収まる)が小さくなるとの噂は何度も伝えられていますが、そのフロントガラス用パーツと称される画像が公開されて新たな材料をもたらしています。

ギリシャの修理プロバイダーiRepairが米MacRumorsに提供したフロントガラスの写真は、iPhone 12シリーズと同じく画面サイズ5.4インチ、6.1インチ、6.7インチの3サイズです。各モデルのノッチは受話用スピーカーが上ベゼルに移動した結果、目に見えて小さくなったと説明されています。ちなみに、これまでのFace ID対応iPhoneのノッチには自撮りカメラや顔認証用パーツ、スピーカー等が収納されていました。

アップルの未発表製品に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏ほかの情報筋は、TrueDepthカメラの幅が細くなる、複数の部品がまとめられるなど「Face ID関連のパーツが場所を取らなくなる」趣旨を主張していましたが、スピーカーの再配置には言及していませんでした。

ノッチは2017年のiPhone Xに初採用され、直後には他社Androidスマートフォンもそれに続くブームがあったものの、まもなくパンチホール(画面下に自撮りカメラを置き、画面に穴を開けて視界を確保する)などノッチを排除して全画面デザインに近づける方に風向きは変わっています。2020年モデルのiPhone 12でも、ノッチが大幅縮小するとの噂は相次いでいました。

これほど繰り返されるウワサは、ある程度はユーザーや市場が「そうなって欲しい」という願いも含んでいるはず。アップルもノッチ縮小ないし廃止を望む声に耳を傾けることには合理性があるはずですが、そうなった場合は「現在のノッチを前提にしたアプリ設計」も修正を迫られる事態となり、アプリ開発者を悩ませるのかもしれません。

Source:MacRumors