Notch

iPhoneの次期フラッグシップであるiPhone 13(仮)シリーズは、今年秋、おそらく9月には発表されると噂されています。

これまでにも多くの噂があった同シリーズですが、一部で期待されていた画面内指紋センサー搭載は見送られ、ノッチ(画面上部の切り欠き)は噂通り小さくなるものの、来年モデルにてさらに縮小されるとの予想が報じられています。


Bloomberg報道によると、アップルは2022年のiPhone 14(仮)にて、ノッチを13以上に縮小する可能性があり、最終的には完全になくしたいと考えているとのことです。

こうした方向性は有名アナリストMing-Chi Kuo氏も述べていたことで、少なくともiPhone 14 Proモデルではパンチホール(自撮りカメラや顔認証用のパーツを画面の下に置き、ディスプレイに穴を開けて視界を確保する)が採用されると予想していました

またディスプレイ内でのTouch ID(画面下に指紋認証センサーを置く)はBloombergKuo氏も予想していたことですが、今回のBloomberg報道ではアップル社内でテスト中ながらも、iPhone 13の世代では搭載されない可能性が高いと述べられています。

一方で、13世代ではあくまで「ディスプレイ内」はあり得にくい、ということで、iPad Air(第4世代)に採用された「側面電源ボタンにTouch IDを統合」方式の可能性は否定されていません。が、そちらは廉価モデルのiPhone SEシリーズに採用が噂されており、差別化のためにもフラッグシップ機への搭載はないとも推測されます。


ほかBloomberg報道は、iPhone 13シリーズがiPhone 12と同じ画面サイズの4機種構成になることや、それらが9月に発表されること、少なくとも1機種にはLTPOディスプレイを採用して可変リフレッシュレート表示が可能になることなど、これまでの噂を再確認しています。

またiPhone 13シリーズは、サプライヤーに最大9000万台もの発注(従来よりも大幅に増加)しているとのこと。これほど強気の発注をしているのは、ファーウェイのスマートフォン事業が米国の制裁を受けているからと説明されています。


ここ数年にわたる米中の政治的・経済的摩擦のなか、米国企業ながらも中国のサプライヤーに生産面で依存し、中国市場も大きなウェイトを占めているアップルは難しい立場に置かれていますが、ことiPhone 13シリーズに関しては、今のところ恩恵を被っていると言えそうです。

Source:Bloomberg

via:iMore