dummyunit
Macお宝鑑定団Blog

2021年のフラッグシップiPhone 13(仮)シリーズのノッチ(画面上部の切り欠き)は小さくなると噂されていましたが、それを裏付けるダミーユニットの写真が公開されています。

海外でも情報の信ぴょう性に定評あるMacお宝鑑定団Blogは、「iPhone 2021 6.1インチモデル」とされる3Dプリントモックを入手したとのこと。この種のダミーユニットは、サードパーティのアクセサリーメーカーが独自に寸法の情報を入手して、正式発表前に自社製品を準備するために作成することが珍しくなく、毎年のように流出しています。

このダミーユニットを現行iPhone 12 Pro(同じく画面サイズ6.1インチ)と比べてみたところ、「センサーハウジングのアクティブエリア」すなわちノッチの高さは5.30mmから5.35mmになり、幅は34.83mmから26.80mmになっているそうです。つまり横方向が小さくなる一方、縦に少し高くなったことを意味しています。

これは前面スピーカー/マイクが上部ベゼル内に移動されたため、ノッチ全体が押し下げられている模様です。それに伴いスピーカー/マイクの左側にあった赤外線カメラや投光イルミネーター(ともに顔認証Face ID用のパーツ)がスピーカーの空いた場所に収まり、横幅が狭くなっていると思われます。また自撮りカメラもスピーカー/マイクの右側から左側に移されています。

iPhone 13シリーズのノッチ幅が狭くなることは、有名アナリストMing-Chi Kuo氏が予測していたのに続き、フロントガラス用パーツと称される写真もその信ぴょう性を強めていました。

しかし、iPhone2023年モデルではノッチからパンチホール(画面下に自撮りカメラを埋込み、画面に穴を開けて視界を確保するデザイン)に移行するとの予想も有力となりつつあります。画面の設計が変われば、iPhoneアプリ開発者もそれに合わせなければならず、かなりの苦労がのしかかるのかもしれません。

 

Source:Macお宝鑑定団Blog