iPhone 13(仮)はノッチ廃止、USB-C採用?3Dプリントモック公開

慣れては来たが愛されないノッチ

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年06月5日, 午後 12:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
iPhone13

ここ数年のiPhoneユーザーにとってノッチ(画面上部の切り欠き)とLightning端子はなじみとなりつつも、必ずしも愛着とはイコールではありません。それら2つが2021年のフラッグシップiPhone 13(仮)では大幅に変わるかもしれない手がかりが報じられています。

海外でも情報の確かさや迅速性に定評あるMacお宝鑑定団Blogは、iPhone 2021/5.5インチとされる3Dプリントモック(本物を元にしたダミーユニット)を入手したとのこと。開発中のモデルの1つで最終的な仕様ではない可能性が高いと前置きしつつ、写真を公開しています。

iPhone13

現在のFace ID搭載iPhoneは顔認識用のTrueDepthカメラを収納するスペースとして、画面上にノッチが設けられています。が、今回の写真ではノッチがなくなり、上部中央にFaceTimeのカメラ位置を示すマーカーが打たれているだけ。Macお宝鑑定団BlogはサムスンのUPS(Under Panel Sensor)、すなわちカメラをディスプレイの下に埋め込む技術に言及し、アップルも画面下カメラをテストしている可能性があると指摘しています。

iPhone13

近年のスマートフォンにとって「自撮りカメラを置きつつ、いかにして全画面ディスプレイを実現するか」は大きな課題となっています。たとえばサムスンのGalaxy S20シリーズはカメラのレンズ部分だけ穴の開いた「Infinity-O」ディスプレイを採用していますが、UPSを搭載したデバイスは現時点では発売していません。そしてアップルが有機ELパネルの供給をサムスンに依存している現状では、サムスンより早く最新ディスプレイ技術を採用できる可能性は高くないとも思われます。

もう1つ気になる報告が、底面コネクタがLightningではなくUSB-Cになっているということ。こちらについては、Macお宝鑑定団Blogは開発機ゆえに汎用性が高いUSB-Cを採用しているとの推測を述べています。

iPhone13

2021年のiPhone 13にて外部端子が大幅に変更されるとの予測は、様々な方面から囁かれています。ただしUSB-Cを採用するのではなく、Lightningから一足飛びに端子がないポートレスに移行するとの見方が有力です。こうした展望は有名アナリストMing-Chi Kuo氏が述べたほか、数々のリーク情報を発信しているJon Prosser氏も主張しているところです。

「iPhoneの試作機にはUSB-Cが搭載されてはいるが、量産には至らない」との話は、Twitterユーザーの@choco_bit氏もつぶやいていました

2020年初めに欧州議会はスマホ充電端子の統一を決議しており、ほぼ全てのデバイスがUSB-Cへの移行を余儀なくされると見られています。そのためアップルも試作機ではUSB-C端子を検討しつつ、最終的な製品はポートレス化を目指すこともあり得そうです。

Source:Macお宝鑑定団Blog

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, applerumor, iphone13, notch, usb-c, lightning, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents