iPhone 13
Apple

iPhone 13(2021年フラッグシップの仮称)シリーズにつき、iPhoneとしては初めて1TBの内蔵ストレージオプションが用意されるとのアナリスト予測が伝えられています。現行のiPhone 12シリーズは最大512GBであり、もし本当であれば2倍の増量となります。

大手証券会社Wedbushのアナリストは、新型コロナウイルスワクチンの接種が世界的に拡大していくなかで、パンデミック後の「再開環境」の一環として、iPhoneの販売が今年(2021年)を通じて好調に推移するとの楽観的な見通しを示しています。その上で、iPhone 13には1TBストレージ版が用意されると述べています。

ことハイエンドスマートフォンの内蔵ストレージ容量につき、アップルは他社よりも遅れを取っている感があります。アップル製のモバイル機器で1TBストレージを提供しているのはタブレットのiPad Proのみですが、競合するサムスンはほぼ2年前のGalaxy S10シリーズから1TBを用意していました。

有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)Jon Prosser氏も以前、iPhone 13シリーズに内蔵1TBのオプションが用意されると述べていたことがあります。アップルにとってもストレージ容量が大きくなるほど利益が増えるとの分析もあり、社内で検討していたとしても不思議ではありません。

スマートフォンの512GBでさえ大容量と思えたのはすでに過去のことです。特にiPhone 12 Proシリーズにて対応した新たな写真記録方式Apple ProRAW(iOS 14.3以降)のファイルサイズはHEIFまたはJPEGファイルの10~12倍の大きさとなっており、すぐに容量不足になる可能性があります。iCloudストレージに待避するという手もありますが、それなりの月額費用を支払うことになります。

iPhone 13シリーズについてはProモデルに120Hzかつ常時表示ディスプレイが搭載、画面内Touch IDが(Face IDに加えて)実装されるとの噂もありました。それらをぜんぶ入りにして1TBストレージを選べば価格はおいくらになるのか、そちらも気になるところです。

Source:9to5Mac