Woman's hand is scanning biometric fingerprint for approval to access smartphone. Concept of the danger of using electronic devices is important.
Getty Images/iStockphoto

アップルが2021年のフラッグシップiPhone 13(仮)向けに画面内Touch ID(指紋認証)開発に取り組んでおり、顔認証のFace IDとともに搭載を検討しているとの噂が報じられています。

The Wall Street Journalのジョアンナ・スターン記者は、サムスンのGalaxy S21に画面内指紋認証と顔認証が搭載されている事実を挙げて、アップルがこの後追いをする可能性が高いと指摘。そして実際に元アップル従業員からそれを裏付ける証言を得られたとしています。

スターン氏いわく、アップルは超音波式よりも「信頼性が高い」光学式の指紋読み取りセンサーを手がけていると聞いたとのことです。すでに各社Android端末で採用されている光学式の画面内指紋センサーは、画面内に指紋型のアイコンが表示され、そこに指を置くことで画像が取得されて照合されるしくみです。

しかし米MacRumorsは、光学式センサーでは2D画像を使用しているため、簡単に(偽造して)システムを欺くことが可能だとコメント。それに対して超音波指紋センサーは新しい技術で、指紋を3Dマッピングしているため騙されにくく安全なソリューションであり、指先が濡れているときにも音波を使うために動作しやすいとしつつ、光学式よりはるかに高額だと述べています。

現行のiPhoneやiPad、Macに搭載されたTouch IDは、静電容量式のタッチセンサーを採用しています。本技術は指紋の細かい部分の表皮下の層から高解像度の画像を取得しており、指紋表面の2D画像を使っているわけではないため、簡単に欺けないセキュリティを誇っているわけです。

が、MacRumorsはすでに光学式と容量式のハイブリッドセンサーが存在することに注目。アップルが標準的な光学センサーを使う可能性は非常に低いものの、光学式+静電容量により光学センサーの高速スキャンと容量性センサーのセキュリティを組み合わせることができると推測しています。

実際スターン氏によると、アップルがどのようなソリューションを採用するのであれ、iPhone SEやiPad等で使用されているTouch IDのセキュリティ基準を満たす必要があるとのこと。アップルにとってはユーザーのプライバシーやセキュリティを守ることが貴重な製品価値でもあり、単純に便利さを安全に優先させることはなさそうです。

iPhone 13シリーズが顔認証を継承しつつ、Touch IDを画面内センサーの形で復活させるとの噂は別の方面からも報じられています。先日もBloombergが同様の報道をしていましたが、そちらではクアルコム製の超音波式画面内指紋センサーが採用される可能性を匂わせていました。

新型コロナ感染拡大のもと、家の中ではFace IDですぐにロック解除、マスクをしている出先ではTouch IDを利用できれば、ユーザーにとっては理想的なはず。しかし仮に高価な超音波式センサーが採用される場合は、本体価格との兼ね合いから、iPhone 12シリーズでLiDARスキャナがProモデルに限られたように、エントリーモデルでは除外されるのかもしれません。

Source:The Wall Street Journal

via:MacRumors