Portless

将来のiPhoneがLightning端子からUSB-Cを経由せず、一足飛びに外部ポートを持たない「ポートレス化」に移行するとの噂は何度となく囁かれてきました。そして再び、2021年のフラッグシップiPhone 13(仮)シリーズのうち1機種のみがポートレスになる(その他はLightning続投)との予想が伝えられています。

今回の噂の出どころは、アップル関連のリーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)としておなじみのJon Prosser氏がYouTube動画で述べていることです。

Prosser氏はかなり前から本説を唱えていましたが、ポートレスiPhoneの布石とされた「純正ワイヤレス充電マットAirPowerが復活」予想はAirPowerの代わりにMagSafeワイヤレス充電器が発売されたことで、半分は当たっている印象があります。

新たなYouTube動画で、Prosser氏は「iPhone 13シリーズのうち1台だけがポートレス、他はLightning続投。USB-Cは未来永劫ない」との趣旨を主張しています。

これは同氏が5月にも発言し、10月にも再び主張したことです。さらに数々の実績ある別のリーカーchoco_bit氏も「少なくともあと1年はLightningが続く」と涙を流す顔文字つきで述べていました。

Prosser氏はそれ以上の手がかりは述べておらず、iPhone 13シリーズの内どのモデルがポートレスになるのかは不明です。有名アナリストMing-Chi Kuo氏はiPhone 13がiPhone 12シリーズと同じサイズの4機種構成になると予測していますが、それが正しければデザインも踏襲される可能性が高いはず。その中で1つだけポートレス化というのは、いささか奇妙にも思えます。

またポートレスに移行した場合は、iPhoneのバックアップをMacやWindows PCに有線ケーブル経由で取る方法がなくなることになります。そちらについては、上記のchoco_bit氏が「ポートレス化は(iPad Proのような)スマートコネクタ採用を意味する」との趣旨を回答していましたが、果たしてどうなるのか。Prosser氏の発言やその他の情報源を、引き続き追っていきたいところです。

Source:Jon Prosser(YouTube)

Via:iMore