iPhone 13 Pro
EveryThingApplePro

2021年秋に発売と見られるiPhone 13(仮)シリーズにつき、Proモデルには新色のブラックが用意されることや、新たな手ぶれ補正システム「ワープ」が搭載されるとの噂話が伝えられています。

噂の発信源は、有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)Max Weinbach氏のYouTubeチャンネルEveryThingAppleProを通じての発言です。まずiPhone 13 Proの新色ブラックについては、16進数の色コード121212(とても暗い無彩色)にかなり近いとのこと。この色はiPhone 12 Proシリーズにある「グラファイト」をより濃くしたものになる模様です。

今年3月にもWeinbach氏は、iPhone 13 Proシリーズに新色「マットブラック」(ツヤ消しの黒)が灰色がかったグラファイトと入れ替わりに採用されると述べていました。その際には新たな指紋防止コーティングも施されるとも語っていましたが、今回は改めて別の情報源から裏付けが取れたのかもしれません。

もう一つの噂話は、iPhone 13シリーズに「ワープ」と呼ばれる新たな電子式手ぶれ補正システムが導入される可能性がある、ということ。これにより、すべてのフレームレートと解像度で被写体を追跡する機能も実現するかもしれないというわけです。

今回のリーク情報とは別に、iPhone 13シリーズ全機種には、現行モデルではiPhone 12 Pro Maxに限定されているセンサーシフト式手ぶれ補正機能が搭載されるとの噂話もありました。そちらはカメラのセンサー側を動かして手ぶれを「光学的に」補正する(撮影開始時に撮影素子に届いた光の位置と、撮影終了までに届いた光の位置のズレを解消する)技術です。ことさらに「電子式」とされているのは、センサーシフトとは違う新技術だと強調する意図もありそうです。

ほか動画では、次期Apple Watch Series 7(仮)はiPhone 12シリーズのようなフラットエッジ(箱のような形)となり、グリーンを含む新色が用意されるという予想も述べられています。こちらは、やはり有名リーカーであるJon Prosser氏の見解とも一致しており、信ぴょう性が強まった感があります。

Source:EveryThingApplePro(YouTube)

via:Wccftech