iPhone  13 Po
MacRumors

2021年秋の次期ハイエンドiPhone 、通称iPhone 13(仮)シリーズはiPhone 12よりもわずかに厚みが増し、背面のカメラバンプ(複数のカメラレンズを収める一角)が広くぶ厚くなるとの噂が報じられています。

米MacRumorsはiPhone 13の回路図を「見た」と主張し、それに基づきiPhone 12シリーズとiPhone 13シリーズの比較画像を掲載しています。予想レンダリング画像か、ダミーモデルなど実体あるモノを入手したのかは言及しておらず不明です。

まずiPhone 13およびiPhone 13 Pro(仮)の厚みは、iPhone 12の7.4mmから7.57mmになると予想されてるとのこと。わずか0.17mmであり、ほとんどの人にとっては気にならないと思われます。

iPhone  13 Po
MacRumors

かたやiPhone 13のカメラバンプは、前モデルから顕著に増加しているようです。iPhone 12および12 Proでは1.5~1.7mmでしたが、iPhone 13では2.51mmとなり、iPhone 13 Proでは3.65mmになるとされ、1mm以上も出っ張るかっこうです。

もっともカメラバンプの分厚さは、レンズが出っ張ることを防ぐための変更だと述べられています。iPhone 12シリーズでは1つ1つのレンズが突き出していましたが、iPhone 13ファミリーではカメラバンプそもののが出っ張ってレンズ本体の露出を抑えるもようです。

またカメラバンプの面積も広くなっており、iPhone 12および12 Proの約28mm×30mmからiPhone 13では約29mm×29mmと大きくかつ正方形に近くなり、位置もiPhoneの上側に約1mm寄せられているそうです。

またiPhone 13 Proでは約36mm×37mmとさらに巨大化し、iPhone 13 Pro Maxに近くなると予想されています。iPhone 12 ProのカメラはPro Maxよりも小さかったのですが、おそらく2021年モデルでProとPro Maxのカメラはほぼ同等になると思われます。iPhone 12 Proモデルではサイズによりカメラの性能が差別化されていましたが、2021年は差が付かなくなる可能性が高いと推測されるわけです。

この情報はちょうど、iPhone 13 ProとiPhone 13 Proにはどちらも広角レンズと超広角レンズともにセンサーシフト式手ぶれ補正機能が搭載されるとの噂と符合しています。そのためのスペースを確保するためにも、バンプがより広く、本体がぶ厚くなるのは合理的なはず。優れたカメラ機能のためにiPhone 12 Pro Maxの大きなサイズを否応なく選んでいた人にとって、これは朗報と言えるでしょう。

カメラのデザインやそれに伴いボタンの位置が微調整されていることを除けば、iPhone 13シリーズはiPhone 12シリーズと似たデザインで、ほとんど変更がないと予想されています。今回の情報がもし正確であれば、iPhone 12用のケースはiPhone 13には流用できず、またiPhone 13とiPhone 13 Pro用のケースは別々(iPhone 12シリーズでは兼用)になるのかもしれません。

ほかiPhone 13シリーズについては、より高速なSoCのA15 Bionic(仮)を搭載し、米国以外でも5Gミリ波対応が予想されています。もしも6.1インチよりも大きなスマホは持ちたくない、しかし最高水準のカメラは欲しいという人であれば、今年秋のiPhone 13 Proは待望のモデルとなりそうです。

Source:MacRumors