sensor-shift
iFixit

2021年版のフラッグシップiPhoneとウワサされるiPhone 13 Pro(仮)シリーズの2機種に、センサーシフト式手ぶれ補正とオートフォーカスが追加された超広角レンズが搭載されるとの噂話が伝えられています。

今回の震源地となっているのは、台湾のサプライチェーン情報に詳しいDigiTimes。同誌によると、iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max(ともに仮称)の広角レンズと超広角レンズの両方にセンサーシフト式OIS(光学式手ぶれ補正)が搭載されるとのことです。

現行のiPhone 12 Proは広角レンズと望遠レンズにデュアル光学手ぶれ補正を備えている一方で、iPhone 12 Pro Maxでは、iPhoneでは初めてとなるセンサーシフト式手ぶれ補正を広角レンズに搭載しています。つまり、13 Proモデルでは、無印とMaxのどちらも、なんらかの形で手ぶれ補正機能が強化されることになります。

手ぶれ補正技術には何種類かありますが、現在の主流はレンズを動かすレンズシフト式(上記のデュアル光学式も含まれます)とセンサー側を動かすセンサーシフト式の2つ。どちらも手ぶれの原因である「撮影開始時に撮影素子に届いた光の位置と、撮影終了までに撮影素子に届いた光の位置のズレ」を解消するものです。

センサーはレンズよりも軽いためレスポンスが向上する一方で、より高度な制御技術が求められます。アップルもiPhone 12 Pro Max発表の際、センサーシフト式は従来のレンズシフト式よりも優位にあると強調していました。

iPhone 13シリーズでは全モデルがセンサーシフト式を採用との噂もありましたが、今回のDigiTimes報道は「採用モデルは拡大されるものの、Proに限定」と絞り込んだかっこうです。iPhone 12シリーズでも高性能なカメラは人気の一因と推測されていたため、他の2機種と差別化するためにもプレミアム機能とするのかもしれません。

またiPhone 13 Pro/Maxにおいて、超広角カメラが大幅に強化されるとの見通しは、有名アナリストMing-Chi Kuo氏も述べていたこと。Kuo氏は超広角カメラがオートフォーカス付きのf 1.8、6P(6枚レンズ)に大幅にアップグレードされると予想しています

iPhone 13 ProおよびPro Maxは、カメラでの改良点の他にも、120Hz画面および常時表示がついに実現するとの噂もあります。

2021年モデルは6.1インチのProモデルにも色々な新機能がやって来そうということで、カメラ性能は高いほうが良いけれど、6.7インチのPro Maxサイズは大きすぎる、と感じていた方には朗報となるかもしれません。期待して待ちたいところです。

Source:DigiTimes

via:MacRumors