sensor-shift
Apple

2021年版iPhoneとなるiPhone 13(仮)シリーズは、カメラも大きな強化点となりそうです。全モデルに、iPhone 12 Pro Maxと同種のセンサーシフト式手ぶれ補正装置が搭載されるとの噂が伝えられています。


台湾のサプライチェーン情報に詳しい業界情報誌DigiTimesによると「2021年後半に発売予定の次世代iPhoneには、センサーシフト安定化技術をすべての機種で搭載する」とのこと。

韓国の電子業界メディアETNewsも今週初めに同様の噂話を報道しており、引き続きLG Innotekが必要部品を供給し続けると予想しています。


手ぶれ補正技術には何種類かありますが、現在の主流はレンズを動かす光学式(レンズシフト式)と、センサー側を動かすセンサーシフト式の2つです。

そもそも、手ぶれの原因は「撮影開始時に撮影素子に届いた光の位置と、撮影の終了時までに撮影素子に届いた光の位置がズレてしまう」こと。これらの技術は、いずれもこのズレをなくすことを目的としたものです。

そしてアップルはiPhone 12 Pro Maxにて、後者のセンサーシフト式を初採用しています。発表の際には従来の(前世代のiPhone 11 Proに搭載された)レンズシフト式よりもセンサーシフト式の優位が強調され、映画レベルのブレのない映像を提供できると謳われていました。

実際、センサーシフト式は高級な一眼カメラでも採用されているもの。もし実現すれば、iPhone 13シリーズ全てのカメラ品質、そして撮影しやすさが底上げされそうな予感があります。


また昨年末、やはりDigiTimesはiPhone 13シリーズの全モデルにLiDARスキャナ(3Dセンサー)が搭載されるとの噂も報じていました。LiDARスキャナは(iPhoneとしては)iPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro Maxで初採用された技術であり、Proモデルの人気の一因とも推測されています

しかし両方の技術ともに非Proモデルに搭載されるとすれば、高価なProモデルがどう差別化を図るのかは気になるところです。そのためにProモデルに限ってiPad Pro(2017以降)のような120Hz対応ディスプレイや、マスクを付けながらロック解除できる画面内Touch IDが追加されるのかもしれません。

Source:DigiTimes

Via:MacRumors