iPhone 13

次期フラッグシップiPhone 13(仮)が今年秋に発表が確実視されるなか、その発売が9月の第3週となり、高価なProモデルには1TBの内蔵ストレージオプションが用意されるとのアナリスト予測が報じられています。

このウワサの発信源は、米大手証券会社Wedbushのアナリスト、ダニエル・アイブス氏の投資家向けメモです。それによると「我々が最近アジアのサプライチェーンから集めた情報では、iPhoneの製造台数は下半期で1億3000万~1億5000万台との見通しです。iPhone 13は、第3四半期のiPhone製造数の35%~45%を占めているようです。このポジティブな見通しにより、2021年の発売時期が「通常」になるという確信を深めました」とのことです。

ここでいう「通常」の発売時期とは、2020年のコロナ禍が来る前に恒例だった9月のこと。具体的には、iPhone 13の発売は9月の第3週だと述べられています。

「iPhone 13が9月発売」説は、つい先日、台湾の調査会社TrendForceも表明していました。もっとも、「第3週」と絞り込んだのはアイブズ氏がおそらく初めてです。米MacRumorsは、これまでの経緯では発表イベントが9月7日か14日、21日(いずれも火曜日)に行われ、その翌週の金曜日に発売される傾向があったとコメントしています。

またアイブス氏は今年3月以降、iPhone 13シリーズには1TBストレージオプションが用意されると何度か主張してきましたが、今回はProモデルに限定しています。

1TBといえば、現行のiPhone 12で提供されている最大512GBストレージの2倍に相当します。かなりの大容量とも思えますが、iPhone 13 Proモデルでうわさ通りカメラの強化が今年の目玉機能であれば、解像度も上がりその他の情報量も増えてファイルサイズも膨れあがると予想されるため、内蔵ストレージを増やすのも論理的な帰結と言えそうです。

ちょうどBloombergのMark Gurman記者も、iPhone 13 Proモデルには動画撮影でのポートレートモードや、プロ向けに開発されたProResフォーマットでの記録も可能になると予想したばかりです。ほか有名アナリストMing-Chi Kuo氏は、Proモデルの超広角カメラが改良され、オートフォーカス機能が付くと述べていました

さてアイブズ氏の予想に戻ると、iPhone 13全モデル(最安のiPhone 13 miniから最も高価なiPhone 13 Pro Maxまで)にLiDARセンサーが搭載され、よりリアルなAR体験が可能になり、暗い場所でのオートフォーカスも改善されるという以前からの主張を再確認しています。

今回の投資家向けメモでは言及されていませんが、iPhone 13シリーズはiPhone 12からのマイナーチェンジ(プロセッサとカメラ以外は)に留まることもあり、お値段は据え置きになるとの観測もあります。だとしても、Proモデルの1TB内蔵ストレージならば相当の価格になるはず。アップルにとって最大のうま味は大容量ストレージの利益との分析もありましたが、控えめになるよう祈りたいところです。

Source:MacRumors