iPhone 13

アップルは26日、一部のiPhone 13ユーザーが「Apple Watchでロック解除」できない件につき、今後のソフトウェアアップデートで修正する予定だと発表しました。

この問題はマスクを着けた状態でiPhone 13のロックを解除しようとすると「Apple Watchと通信できません」と表示されたり、そもそも「Apple Watchでロック解除」の設定ができないことがあるというものです。

Apple Watch Bug
MacRumors

修正アップデート配信までは、アップルは「Apple Watchでロック解除」をオフにして、パスコードを使ってiPhone 13をロック解除するよう勧めています。この設定を無効にするには「設定」の「Face IDとパスコード」をタップして「Apple Watchでロック解除」の下にある「(ユーザー名)のApple Watch」のトグルスイッチをオフにします。

この症状は大手掲示板Reddit等でも報告されており、ペアリング解除して再ペアリング、iPhoneとApple Watchの両方をハードリセット、パスコードをオン/オフなどを試しても解決しなかったとの声もあります。なお、iPhone 13以外のモデルでは同じ症状が確認されていない模様です。

いつ修正アップデートが提供されるのか、アップルはその時期を明らかにしていません。開発者向けにiOS 15.1ベータ版は数日前に配信開始されたばかりですが、その正式版が配布される前に、バグ修正だけのマイナーアップデートiOS 15.01がリリースされる可能性もありそうです。

Source:Apple

via:MacRumors