PhoneBuff
PhoneBuff

今年のiPhone 13シリーズでは、全モデルともバッテリー持続時間が大幅に改善されています。その中で注目されているのが、iPhone 13 Proモデルに搭載されたProMotion技術です。これは画面が最大120Hz(1秒間に120回書き換え)ながら可変リフレッシュレートにより「使われていないときは10Hzまで落とし、バッテリーの消耗を防ぐ」仕組みであり、その分Proモデルではバッテリー駆動時間が延びるはず。

その効果が使用テストにより検証され、実際にiPhone 13 ProがiPhone 13、すなわちProMotoin非搭載のモデルよりもバッテリー持続時間が向上したことが可視化されています。

すでに分解した結果から、iPhone 13のバッテリー容量は3227mAh、iPhone 13 Proは3095mAh(今回のテストでは3100mAhと表記)だと判明しています。どちらも画面サイズは6.1インチながらも、Proモデルの方が無印モデルよりもバッテリー容量が少なく、その代わりProMotionを搭載しているかっこうです。

YouTuberのPhoneBuff氏は、iPhone 13とiPhone 13 Proのバッテリーがどれだけ持つかの比較テストを実施。PhoneBuff氏は新型iPhoneや各社スマートフォンにつきアプリ起動速度テストなどを行うことで知られており、今回もいつもと同じくロボットアームにより各種アプリを起動しています。

アップル公称では、ビデオ再生時間はiPhone 13が最大19時間に対してiPhone 13 Proは最大22時間で、3時間の差があるとのこと。これは画面の状況に応じてフレームレートを落とし、消費電力を節約するProMotionの恩恵と思われます。

さて今回のバッテリーテストでは、やはりiPhone 13 ProはiPhone 13に勝利しています。ただしその差は3時間とは行かず、画面点灯の時間はわずか9分の差に過ぎません。とはいえ、Proモデルのほうが通常モデルよりもバッテリー容量がかなり小さいことを考えると、ProMotionの節電効果は立証されたと言えるでしょう。

120Hzの滑らかな画面表示や速やかなレスポンスばかりではなく、バッテリー持ちの改善にも貢献するProMotion技術。2022年のiPhone 14(仮)シリーズのうち少なくとも1機種は非搭載との噂もありますが、全モデルに搭載されることを期待したいところです。

Source:PhoneBuff(YouTube)

via:Wccftech