Touch ID

2021年のフラッグシップiPhone 13(仮)シリーズに、マスクしながらロック解除できるTouch IDが復活するとのアナリスト予測が報じられています。

アップルのインサイダー情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、アップルは顔認証のFace IDと画面埋込み型Touch IDの両方を備えたiPhoneに取り組んでいるとのことです。米MacRumorsは、これがiPhone 13 ProやiPhone 13 Pro Max(ともに仮称)などハイエンドiPhone用と推測しています。

将来のiPhoneハイエンドモデルにTouch IDが画面下に埋め込まれて復活する可能性は、アップルが出願している特許の数々からも窺われてきたことです。 またiPhone 13 Proモデルの画面については、ディスプレイ専門アナリストがLTPO(Apple Watch Series 5以降の常時表示を支える省電力技術)採用により120Hz対応の可変リフレッシュレートになるとの予想を述べていました

さらにKuo氏は、2021年にTouch IDを電源ボタンに統合したiPhoneが発売されるとも予想しています。こちらはフラッグシップではなく廉価版、つまりiPhone SE系列のモデルとのことです。

Kuo氏は2年前から同様の機構を持つiPhone SE2 Plus(仮)が準備中と主張しており、じっさい第4世代iPad Airでは側面電源ボタン内蔵のTouch IDは実現しています。アップルはデバイス前面からボタン類をなくす全画面デザイン化を進めていますが、この新方式Touch IDはその方向性に沿ったものと言えそうです。

Source:MacRumors