mini

手のひらサイズ愛好者にとっては哀しいお報せですが、2022年のiPhone 14(仮)シリーズでは、5.4インチのminiモデルが廃止されるとの有力アナリスト予測が伝えられています。


アップルのサプライチェーン情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、今年のiPhone 13(仮)ではminiモデルが用意されるものの、5.4インチサイズのモデルとしては13 miniが最後になるとのこと。

iPhone 12 miniは、A14プロセッサや5G対応をはじめ、小さなボディに最新技術を詰め込んだ仕様が一部に熱烈なファンを集めていました。が、iPhone 12系4機種のうち最も売れてないと観測されており、「アップルを失望させた可能性」「一時的に生産停止される」との噂もありました。

それでも並みのスマートフォンよりは売れていた模様ですが、他の3機種が好調だった中で、アップル側の「期待に達してない」ことが目立ったかっこうです。


Kuo氏いわく、5.4インチがなくなった後も4モデル構成は続けられるそうです。これは、6.1インチと6.7インチのそれぞれに無印とProモデルが用意されての4機種となる模様。

つまり「6.7インチの標準モデル」がminiサイズに取って代わる、というわけです。


iPhone 12 miniの売上がたとえ低迷してもiPhone 13 miniモデルが出るとの予想は何度か伝えられてきましたが、それは「少なくとも今年までは」という含意が込められていたのかもしれません。

ポケットにも入れやすく負担にならないサイズを愛する人は、もし今年の秋にiPhone 13 miniが入手できたなら、末永く大事に使っていきたいところです。

Source:9to5Mac