iPhonecamera
iFixit

2022年(記事執筆時点からは再来年)のiPhoneに光学倍率を強化するためのペリスコープカメラが搭載されるとの噂話が、またもや報じられています。

ペリスコープカメラとは、レンズやミラーで光の向きを90度変え、本体に対して横方向にレンズを多数置くことで、光学的な高倍率を実現する技術のこと。従来のレンズとイメージセンサーを縦に積み重ねる方式による本体の厚みやレンズの出っ張りを避ける方式であり、途中から折れ曲がる形状から「折りたたみズームカメラ」と呼ばれることもあります。

韓国のサプライチェーン情報に詳しいメディアThe Elecの情報源によると、2022年発売予定のiPhoneに搭載されるペリスコープカメラにサムスン電機製の部品が採用される可能性があるとのこと。より具体的には、サムスン電機がアクチュエータやレンズなどの部品をLGイノテックに供給。そしてLG側がカメラモジュールを製造し、アップルに納品するという流れと伝えられています。

先日の韓国ETNews報道では、アップルは特許問題を回避するため、特許を保有するサムスンの協力を求めているとの噂が報じられていました。しかし従来のiPhone用カメラモジュールは、LGイノテックがかなりの部分を受注してきた(新型コロナ感染拡大により工場が閉鎖された当時もiPhone 12への供給が危ぶまれたことも)経緯があります。

すなわち「サムスン電子から部品を供給し、LGイノテックが最終的なカメラモジュール生産」とは、アップルがLGとの関係が傷つくことを防ぎつつ、特許問題を解決するための配慮である可能性があるーー米MacRumorsはそう推測しています。

iPhone 14(iPhone2022年モデルの仮称)にペリスコープカメラが搭載される可能性は、今年3月に有名アナリストMing-Chi Kuo氏が言及して以来、それを補強する噂話がたびたび伝えられています。現在のiPhone 12 Pro/Pro Maxの光学ズームは2倍~2.5倍に留まっていますが、ペリスコープ採用で大幅に強化が期待できるはず。たとえばファーウェイの新鋭機P40 Pro+はペリスコープ搭載により光学10倍を実現しています。

Source:The Elec

Via:MacRumors