USB-C
Diy13 via Getty Images

iPhoneのLightning端子がUSB-C端子に変更されることを待ち望むユーザーは少なくはなく、先日も有志がiPhone Xを改造した「世界初のUSB-C搭載iPhone」が1000万円近い価格で落札されていました

そんななか、アップルが2022年のiPhone 14 Pro(仮)にUSB-Cポートの採用を検討しているとの噂が伝えられています。

アップル関連情報サイトiDropNewsが匿名希望の情報源(複数)から聞いた話によると、この動きには3つの主な理由があるとのことです。

転送速度のネック解消

iPhone 14 Proでは13 Proと同じくProResで映像を記録できる見通しだが、このフォーマットはかなりの容量を消費するもの。例えば1分間の4K ProResビデオは、6GBのストレージを要するという具合です。こうした映像はiPhoneで動画を撮影するプロ向けであり、プロはPC(ないしMac)に書き出して編集する必要があります。

が、Lightningは2012年に登場した規格であり、USB 2.0相当の転送速度しか出ません。2時間の4K ProRes録画をすればファイルサイズは約720GBとなり、Lightning経由ならば3時間45分もかかってしまう。対して近年のiPad ProのようにUSB-C/USB 4ポートがあれば、わずか2分38秒で終わります。もし「Pro」が本当にプロフェッショナルを意味するなら、USB-Cへの変更は今すぐ必須というわけです。

法的規制の回避

欧州連合(EU)はスマートフォンの充電端子をUSB-Cポートに統一する法案を推進しており、米バイデン政権もそれに続く可能性があります。そのためiPhone 14 ProモデルにUSB-Cを搭載しておけば、通常モデルでLightningを残しておいても「移行する途上である」と主張しやすくなるとのこと。iDropNewsの情報筋は、2023年までには通常モデルにもUSB-Cが搭載されると予想しています。

環境保護の必要から

アップルにとって環境保護が重要であることは、2030年までにバリューチェーン全体をカーボンニュートラルにするとの約束でも標榜されています。そして同社の経営陣も、Lightningは環境的に問題が多く使い続けられないと考えているとのことです。

iDropNewsはアップルの未発表製品に関して確かな実績がなく、情報源も明らかにされていないため、信頼性は未知数としか言えません。とはいえ、iPhone 13 ProモデルでProRes録画によるファイルサイズの巨大化に備えてストレージ1TBオプションも用意されたと見られる一方で、外部ポートが低速なLightningのままという点には批判の声も上がっていました。

USB-C搭載iPhoneは近い将来に登場しないとのアナリスト予想もありましたが、EUで上記の法案が可決・施行されればiPhoneの販売に支障をきたすおそれもあり、MFi認証ビジネスの利益などにこだわっている場合ではないのかもしれません。

Source:iDropNews