iPhoneやMacなどの周辺機器を手がけるトリニティは4月13日、iPhone SE(第2世代)をMagSafe対応にするクリアケースを発売しました。

最大の特徴は、アクセサリー規格のMagSafeに対応し、ワイヤレス充電時の位置合わせが不要なこと。ケース背面にMagSafeアクセサリーを固定するためのマグネットが内蔵されており、MagSafe充電器やレザーウォレットなどを近づけるだけでピタッと装着できます。

▲ケース背面に内蔵されたマグネットの磁力により、ワイヤレス充電器などの対応アクセサリーを近づけると、位置合わせ不要で装着できる

ケース側面にTPU素材、背面には表面硬度5Hのウルトラファインアクリル樹脂を使用した、いわゆるハイブリッド構造で、米国軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠しているのも特徴。傷や落下時の衝撃から iPhone SE(第2世代)を守ってくれそうです。

Simplism iPhone SE
▲ケースの構造

サイズはW71xD9.8xH141mm、重さは24g。リングカラーは iPhone SE(第2世代)に合わせたブラック、ホワイト、レッドの3色展開。価格は2750円(税込み)です。

なお、この手のケースは iPhone 12 シリーズ向けのものがいくつか販売されていますが、MagSafe非対応の iPhone SE(第2世代)のユーザーにとって、今回の製品発売は朗報といえるでしょう。

Source : トリニティ

関連記事: