iPhone13
Apple

より大画面になったiPhone SE Plus(仮)が2021年初めに出る可能性は低いことや、iPhone 13(2021年フラッグシップiPhoneの仮称)シリーズではWi-Fi 6Eがサポートされるかもしれないとのアナリスト予測が報じられています。

今回の噂話は、英投資銀行Barclaysのアナリストらが複数のアップル関連サプライヤーとの聞き取り調査に基づいているとのこと。Barclaysは過去にも第2世代iPhone SEが発売される時期のほか、iPhone 12シリーズでは電源アダプタが同梱されないことやiPhone 11シリーズで3D Touch(画面押し込み)が廃止されることを正確に予測した実績があります。

アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone SE Plusの画面サイズが5.5インチないし6.1インチ、Touch IDを側面の電源ボタンに統合して前面からホームボタンをなくした全画面デザインになると予測していました。はじめKuo氏は2021年の早い時期に発売されると見ていましたが、その後に同年の後半に延期されると軌道修正しています

さてBarclaysの報告に戻ると、第2にiPhone 13モデルではWi-Fi 6Eがサポートされ、ワイヤレス半導体メーカーSkyworksにビジネスチャンスをもたらすかもしれないとのことです。

Wi-Fi 6Eの「6」は第6世代の意味であり、Wi-Fi 6という規格の拡張版という位置づけです。すなわち従来の2.4GHz帯、5GHz帯に加えて6Gz帯域も利用できるようになり、より高いパフォーマンス、低遅延や高速データレートの実現に繋がるもの。

すでに米Broadcomは、今年1月にWi-Fi 6E対応チップをCES2020にて発表済みです。同社幹部のヴィジャイ・ナガラジャン氏は「6GHz帯域は、おそらく過去20年間でWi-Fiユーザーにとって最も破壊的な恩恵になるだろう」「スマートフォンや AR/VR デバイス、まだ発明されていないウェアラブルなどの新しい消費者体験を実現することができるだろう」との展望を述べていました

さらに米シスコ幹部のスリ・スリニバサン氏は「Wi-Fi 6での6GHz帯への拡張は、2つの理由からゲームチェンジャーとなる。追加チャンネルの利用可能性と、最終的に160MhzをARやVRのような高帯域幅アプリケーションに使用できるようになること」とも語っていました。

アップルのAR/VRデバイスと言えば、長らく噂されているアップルARメガネが思い出されます。iPhone 13が正式発表される頃には、より具体的な情報がリークされたり、あるいはアップルから何らかの公式発表があるのかもしれません。

Source:MacRumors