フィリップ モリス ジャパンが、加熱式タバコの新製品として「IQOS ILUMA(イルマ)」シリーズを発表。「IQOSイルマ」と「IQOSイルマ プライム」の2製品が登場しました。たばこスティックを加熱するための「ブレード」がなくなり、他社とは異なる加熱方式を採用しているのが特徴です。

Engadget
ついにブレードがなくなったIQOSイルマが登場

たばこスティックも既存のものは利用できず、専用たばこスティックとなる「TEREA(テリア)」が同時に発表されています。本体の予約は17日からで、9月2日から順次発送。8月18日からは全国9か所のIOQSストアや期間限定のIQOS ULUMA Lab渋谷で。9月2日からは全国のコンビニエンスストアなどのタバコ取扱店でも取り扱いを開始します。テリアの価格は20本入りの1箱が550円です。

Engadget
IQOSイルマ プライムのポケットチャージャー

IQOSイルマ プライムは、フラッグシップモデルとして新たなデザインを採用しました。チャージャーを含めて素材にアルミニウムを採用するなどしてより高級感を高めています。ジェイドグリーン、ゴールドカーキ、オブシディアンブラック、ブロントープの4色で、価格は12,980円です。

Engadget
ラップカバーを開くと本体のホルダーがセットされています

Engadget
従来のIQOS 3 DUOのデザインと同様のIQOSイルマ。ただし、ホルダーやアクセサリのIQOS 3 DUOとの互換性はありません

Engadget
ホルダーの挿入方法も変わりません

IQOSイルマは、充電を行うポケットチャージャー部が既存のIQOS 3 DUOを踏襲したスタイル。モスグリーン、ペブルベージュ、ペブルグレー、アズールブルー、サンセットレッドの4色を用意し、専用アクセサリも提供されます。価格は8,980円です。

Engadget
IQOSイルマのドアカバーやIQOSイルマ プライムのラップカバーなどのアクセサリも充実。自分好みにカスタマイズできます
Engadget
ホルダーはどちらも基本的に同じ機能を備えています

たばこスティックを挿入する本体(ホルダー)の性能は変わりません。単独では連続で2本分のたばこスティックを吸うことができ、たばこスティック1箱分となる20回ごとに充電が必要となります。

Engadget
専用たばこスティックのテリア

Engadget
前面が覆われているため、中身が漏れてホルダー内を汚すことはなさそうです

最大の特徴は、ブレードを使わずに内部を加熱する方式を採用した点。そのため、従来のたばこスティックとの互換性はなくなりましたが、ブレードがないことで清掃の手間がなく、ブレード破損といった問題が発生しません。

新たな加熱の仕組みは「スマートコア・インダクション・システム」を採用しました。たばこスティックを挿入する部分にはコイルが内蔵されており、加熱が始まると磁気が発生します。たばこスティックにはステンレスコーディングされた金属の誘熱体が埋め込まれていて、それが磁気に反応して加熱。スティック内部から熱して蒸気を発生させる仕組みです。

Engadget
ホルダー内のコイルがスティック内の誘熱体を加熱する仕組み

Engadget
スティックに内部にはステンレスコーディングされた金属が埋め込まれています

300度以上の加熱温度は従来同様ですが、ブレードに差し込む必要がなくなったため、スティック前面もシールで覆われています。そのため、利用後に残りかすが発生することもなく、掃除が不要な点を大きなメリットとして上げています。

Engadget
吸󠄁った後にスティックを分解してみると、燃焼の中心に薄いシートが見えます。これが誘熱体です

Engadget
これは吸󠄁った後のたばこスティックですが、焦げもなく、新品と見た目の区別がつきにくいのは注意でしょう

スマートフォンと接続するなどの機能は特にありませんが、使用中にホルダーを2回叩くと残りの使用時間をバイブで通知したり、未使用時にホルダーを持ち上げる(傾ける)とLEDが点灯してバッテリー残量を通知したり、といったジェスチャー機能を備えています。たばこスティックを挿入すると自動的に加熱を開始するオートスタート機能も搭載します。

加熱のためにスティック内部に誘熱体が必要なので、従来のIQOS用スティックは利用できず、誘熱体が内部にあって前面がシールで覆われているため、IQOSイルマ用スティックは従来のIQOSでは使えない、という互換性のない製品ですが、Philip Morris Internationalのヤチェック・オルザックCEOは、新製品を「ゲームチェンジャー」と表現。「フィリップ モリス史上最大の革新」とアピールしています。

実際に試してみると、吸い心地は従来のIQOSと遜色はありません。IQOS独特の香りはありますが、従来よりも抑えられているようにも感じました。たばこスティックは、レギュラー4種類、メンソール3種類、フレーバー系メンソール4種類の11種類と、最初から充実しています。

Engadget
様々な種類のたばこスティックが用意されています

従来からあるマールボロやHEATSブランドはこれまでのIQOS用、テリアはIQOSイルマ用とブランドが分けられおり、それぞれ互換性がないため当面はこのまま継続しますが、将来的にはブランド力の強いマールボロをIQOSイルマ用に提供する可能性もあるようです。

オルザックCEOは、ブレードのない製品を今後の主力と位置づけますが、従来製品がなくなるというわけではないようで、ニーズに応じて、ユーザーに選択してもらいたい考えです。ただし、「将来的にはブレードのない製品が主流になる」とオルザックCEOは話しています。

Engadget
IQOSイルマを説明するオルザックCEO。オンラインでの質疑応答にも応じていました

燃焼しないために紙巻きたばこに含まれる有害性成分が平均95%削減されるという点は従来通り。オルザックCEOは、「ニコチンが含まれるためにリスクがないわけではないが、紙巻きたばこよりもいい選択」と強調。すでに全世界で2000万人が紙巻きたばこからIQOSに移行し、2025年までにこれを4000万人まで拡大したい考えを示しています。

同社は「煙のない社会」の実現を目標としており、紙巻きたばこのユーザーに対しては「最善はたばこをやめること、2番目に良い選択肢がIQOS」(オルザックCEO)というスタンスで、オルザックCEOは「日本では10年をめどに(紙巻きたばこがなくなり)煙のない社会になる」と予測し、新製品への移行を推進していく意向です。

source:IQOS ILUMA