アイリスオーヤマ、国産マスクの出荷を順次開始。将来的には月産1億5千万枚に

本格的な稼働が始まりました

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年07月9日, 午後 04:00 in Irisohyama
0シェア
FacebookTwitter
Irisohyama Mask
宮城県角田工場で生産するマスクの第1弾商品「ナノエアーマスク」(7枚入り)

家電製品などを手がけるアイリスオーヤマは7月9日より、宮城県角田工場で生産したマスクを順次出荷すると発表しました。

製品は「ナノエアーマスク」としてすでに発表されていますが、今回は同工場の本格稼働開始、および工場からの出荷が開始された点がトピックです。

今後も生産設備を順次導入し、1か月あたり1億5000万枚の不織布マスクを生産するといいます。

また、マスク用不織布として、中間層フィルター(メルトブロー)と、内側および外側の単層不織布(スパンボンド)の生産も同設備で行います。

アイリスオーヤマによりますと、宮城県角田工場の設備に約30億円の投資を行い、今後100人を雇用していくとしています。

Irisohyama Mask


関連記事:


source:アイリスオーヤマ


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Irisohyama, Masks, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents