アイリスオーヤマの国産マスク、7枚入り498円で店頭販売。6月中旬から

ドラッグストアなどで購入できます

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年06月4日, 午後 07:01 in irisohyama
0シェア
FacebookTwitter
irisohyama mask

家電製品などを手がけるアイリスオーヤマは、宮城県角田工場で生産するマスクの第1弾商品として「ナノエアーマスク」(7枚入り)を6月中旬より順次発売します。

税抜価格は498円で、ドラッグストアなどが取り扱います。サイズはふつう(PK-NI7L)と小さめ(PK-NI7S)の2種類で、ふつうは6月中旬、小さめは9月に発売します。

ナノエアーマスクは、特殊加工の中間層を採用した3層構造の使い捨てマスクで、風邪、花粉、ほこりなどをマスク単体でブロックすることが可能。別売りのフィルターを用意する必要がありません。

これから夏場を迎えることを考慮して、通気性のよい構造にしたこともポイントです。具体的には、アイリスオーヤマが独自に開発した特殊ナノファイバー加工を施した中間層を採用。これにより、マスク着用時の口元の温度上昇を同社の従来品と比べて約半分に抑えることができ、着用時の息苦しさや蒸れを緩和できるといいます。

太い繊維と細い繊維を重ねて成形することで、薄いフィルターでありながら、花粉やしぶきなどを捕集できる性能を保ち、空気の通り道を増やすことで息のしやすさを実現していることがポイントです。

irisohyama mask

マスクの販売方法を巡っては、シャープが自社サイトにて抽選販売を行っていますが、アイリスオーヤマによると『現時点で自社サイトにて抽選販売を行う予定はないが、アイリスオーヤマ公式通販サイトにて一部のマスクを数量限定で販売している』と説明しています。


関連記事:

月1億5000万枚の国産マスク生産、アイリスオーヤマが設備増強

アイリスオーヤマ、マスクを生産。6月から国内工場で月6000万枚


source:アイリスオーヤマ

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: irisohyama, iris ohyama, Masks, household, news, gear
0シェア
FacebookTwitter