iRobot Genius

ロボット掃除機を手がけるアイロボットは、「ルンバ」や「ブラーバ」などの一部機種を対象としたソフトウェアアップデート「iRobot Genius(アイロボット・ジーニアス)ホームインテリジェンス」の配信を開始しました。

Android / iOS 専用アプリ「iRobot HOME」をアップデートすることで新機能を利用できますが、機種ごとに新機能を利用できるタイミングが異なります。

ソフトウェアアップデート後は、ルンバやブラーバ本体が家具を認識して掃除できるようになるほか、専用アプリ「iRobot HOME」に、AI(人工知能)を活用した機能が追加されます。

具体的には、専用アプリがルンバやブラーバの動きに加えて、ユーザーの過去の使用履歴などを学習し、よく掃除するタイミングや場所を提案したり、配線が多い箇所などを自動検知して「このエリアを進入禁止に設定しませんか?」といった提案をします。

iRobot Genius
▲専用アプリで侵入禁止エリアの設定をすることも可能

ほかにも、位置情報に基づき、花粉やアレルギーの季節、ペットの毛が生え替わる時期などをスマホに通知して、清掃頻度の提案などを行う機能も用意されます。ただし、同機能を利用するには、あらかじめ位置情報の設定を有効にしておく必要があります。

なお、これらすべての機能に対応するのは、Wi-Fi接続に対応するルンバ s9+、i7+、i7、ブラーバ ジェットm6です。

iRobot Genius
▲すべての新機能に対応するのは「ルンバ」や「ブラーバ ジェット」のハイエンドモデル


関連記事:ルンバに加え、床拭きロボ「ブラーバ」を月980円で使えるサブスク登場


source:アイロボット