日本航空(JAL)は3月22日、空港内の自動チェックイン機と自動手荷物預け機にタッチレスセンサーを取り付け、画面に触れなくても搭乗手続きを行えるようにすると発表しました。同様の取り組みは過去にも行っていましたが、トライアルを経て本格導入を決めたといいます。

自動チェックイン機と自動手荷物預け機に設置した棒状のタッチレスセンサー「エアクリック」で、タッチパネルの上に赤外線を照射し、指が通過した場所を検出する仕組みです。これにより画面に指が触れなくても操作できます。

JAL
▲自動手荷物預け機

関連記事:赤外線で「画面に触らず操作」を実現 JALのチェックイン機

3月22日以降、羽田空港国内線にて順次展開し、4月から札幌(新千歳)、大阪(伊丹)、福岡、沖縄(那覇)空港に展開するとしています。この取り組みは、新型コロナウイルスの感染予防対策の一環として行うもので、客が安心して搭乗手続きをできるようにする狙いです。

Source : JAL