ジュピターテレコムの格安SIM「J:COM MOBILE」が、専用アプリ不要の通話定額サービス「かけ放題(60分/回)」を12月2日より提供します。

「かけ放題(60分/回)」は、1回あたり60分までの国内通話であれば、何度でも無料となるサービスです。月額料金は1500円(税別・以下同)で、60分を超えた通話は20円/30秒の従量課金となります。

特徴は専用の通話アプリ不要で定額が適用される点です。一般的な格安SIMサービスの場合、定額で通話するには専用アプリから発信したり、プレフィックス番号を電話番号の頭に追加する必要があります。

一方の本サービスは、端末にプリインストールされているダイヤルアプリから発信しても、着信履歴からそのまま折り返しても定額が適用されます。

なお、格安SIM(MVNO)が通話サービスを提供する場合、MNO(携帯キャリア)に通話の卸料金を支払う必要があります。その中で、60分という実質無制限の通話定額を実現できた理由について、ジュピターテレコム側は次のように説明しました。

『今のMVNOの卸料金は下げる方向にあるとの政府の答申が出ているので、ある意味それを先取りした。なるだけはやく便利なサービスを提供したい。今現在の採算としては厳しい』(石川雄三社長)

なお『99%の音声通話が60分以内に収まる』とし、1回60分以内に制限することで、月1500円で通話定額が可能になったとも述べました。

実現したと説明しました。

関連
新生J:COM MOBILE誕生、iPhone SE を実質無料に
格安SIMで通話定額を実現、日本通信が『合理的』料金プラン発表