ジャパンディスプレイ(JDI)は、30.2型8K4Kディスプレイを開発しました。

IPS方式を採用した同ディスプレイは、横7680 x 縦4320ドットで、画素密度は292ppiです。

用途は今後広がりが想定される非開腹手術(腹腔鏡手術、内視鏡手術)に加え、眼科や脳外科手術といった医療用途、および放送や画像編集用途を想定。1000cd/m2の高輝度モデルと、BT.2020カバー率90%の2モデルを用意します。

量産は2021年を予定。JDIは長年培ったディスプレイ技術をもとに、今後さらにヘルスケア・医療分野に向けた製品ラインナップを拡充する方針です。

Source:JDI