周りの人も絶景を。3画面+VRゴーグルの「サイクリングVR」ジャパンディスプレイら開発

イベント向けに訴求

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年10月15日, 午後 04:30 in jdi
0シェア
FacebookTwitter

ジャパンディスプレイ(JDI)とクロスデバイスは、VRゴーグルと3面モニタを組み合わせた「サイクリングVR」を開発しました。

「サイクリングVR」は、JDI製のVRゴーグル「Virtual Dive100」および3面モニタに、既存のエアロバイクを組み合わせたシステムです。回転数に連動して映像の再生スピードを変化させ、実際にサイクリングしているかのような体験を味わえるといいます。

表示は3面シアターとVRゴーグルで切り替えることができ、企業イベントや地域観光PRなどで、同時に複数人が楽しむことが可能。将来的には、遠隔地同士での利用を実現するクラウドでのサービス展開も想定します。

なお、同製品は国内企業限定とし、専用ホームページで注文を受け付けます。

業績回復を急ぐJDIは、単にディスプレイパネルを売るのではなく、パネルを使ったソリューションの提案を強化しており、今回の取り組みもその一環です。

Source:ジャパンディスプレイ


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: jdi, japandisplay, VR, vr gaming, healthcare, news, gear, gaming
0シェア
FacebookTwitter