Isaiah Downing / reuters
Isaiah Downing / reuters

米AmazonのCEOをもうすぐ退任するジェフ・ベゾス氏が来月、自身の航空宇宙企業Blue Originが開発したNew Shepardロケット初の有人飛行ミッションに搭乗することを発表しました。

この打ち上げにはベゾス氏の弟マーク・ベゾス氏も特別ゲストとして搭乗します。兄弟はInstagramに「5歳の頃からずっと宇宙旅行を夢見てきた。7月20日に兄弟と一緒にその旅に出る」とその心境を述べつつ、Gradatim Ferociter(ラテン語で"着実かつ猛然と"の意)という社のモットーをハッシュタグに添えて投稿しました。

ベゾス兄弟も搭乗する初フライトは高度約100kmまで到達し、搭乗者はわずかな時間(約3分)ながら無重力状態を楽しむことができます。また窓の外には暗い宇宙に散らばる無数の星々、そして大きく青く、そして丸い地球の地平線といった眺望を楽しみ、リフトオフから11分後には地上へと戻ります

なお、このBlue Originの初の有人宇宙観光旅行は座席のひとつが6月12日までオークション形式で売りに出されており、これまでに世界143か国から6000人を超える入札があったとのこと。最高入札額は記事執筆時点で320万ドル(約3億5000万円)に到達しています。Blue Originはこのチケット販売の収益を、自社が設立した宇宙での生活実現を目指してSTEM教育を支援する「Club for the Future」財団に寄付します。

願わくば、Amazonの物流センターで汗水尿を流しつつアスリート並みに日々駆け回っている現場の人たちも、いつか宇宙へ招待してあげてほしいものです。

Source:Blue Origin